足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:富士山

土日と休みを貰えたので、久しぶりに伊豆の方に行ってきた。

朝早くおきるぞ!

と張り切って、おいらは5時過ぎに目覚めるが、さすがに相方は目が覚めず。

いつの間にか二度寝と相成りまして。

後はご想像のとおり。

8時には自宅を出るはずが11時過ぎで負け組み決定



_DSC1663












今回は久しぶりにこの2台で出かけることにした。


環八を東名高速の東京ICを目指して走るのだがずっと渋滞。。。


やっとこさ東名に乗れたかと思うけど。。。

P1020015










厚木を過ぎるまでずっと渋滞。

沼津で高速降りて、西伊豆を目指すけども、こっからも渋滞。

すり抜けしようにも道幅が狭いから全く進まず。

普段の通勤よりも修行状態である。

何とか修善寺から戸田の方に抜けて、途中で富士山なんかがみえたりするけど、ぐずぐずしていると宿の時間に間に合わなくなるので先を急ぐ。

_DSC1664












日が暮れる頃に西伊豆に入って、トイレに入ったコンビニのすぐそばにあった中華屋で晩飯。

P1020021














P1020024














五目焼きそばと五目ラーメン。


味はまぁまぁだったけど、ボリューム満点、店主とその母親で切り盛りしてるのかな?

そのおばちゃん、大してお金落としてるわけでもないのに、帰り際店先まで出てきて、気をつけていきなさいと送り出してくれた。

_DSC1702












次の日の朝に撮ったものだけど、西伊豆町営やまびこ荘。

_DSC1685












P1020031













廃校になった小学校を宿泊施設として利用させてくれる。

以前より値上げされて、素泊まりだと3200円だか300円。

日帰り温泉は随分前に利用したことがあるけど、宿泊は初めて。



P1020038














温めの温泉が掛け流されているけど、この時期は加温されていとのこと。

泉温が38度だからしょうがない。

でも、いいお湯。

久しぶりの温泉でさっぱりした。

いっぱい引っ掛けてぐっすり寝て朝七時過ぎに起きる。

宿を出るときに、入り口に何枚かの滝の絵が飾られており、そのことについて聞いてみると、町でも観光資源として現在開発を進めていて、バイクであれば歩いて10分程度の所までいけますよとの事。

落差42メートルの大滝を薦められたので、聞いたとおりに走っていくのだが。。。

_DSC1706












途中ダートを走りぬけ、橋の手前でバイクを降りて歩く。

後10分歩けば滝が見られると、完全冬装備での散歩で額に汗が滲む。

_DSC1708












五分ほども歩いた所で、こんな橋が。。。。

_DSC1710


















片側一本だけのロープが頼りなのだけど、スリル満点。


_DSC1712

















次に現れた橋がこれ・・・・

本当にこの先に滝があるのか・・・俺がわたっても大丈夫なのか・・・と思いながら、何とか渡りますが。

最後の橋














次に出てきたコイツでもう無理だとあきらめて帰る。

_DSC1718












相方はUターンするのもやっと。

ココまで来る間、川に沿った感じであがってきていたのですが、帰り道に滝の天辺と思われる落とし込みが見え、多分道を間違えたのでしょう。



BlogPaint











今度にしようと後にします。



_DSC1729











_DSC1732












海岸線を降りて雲見のあたりで富士山が見え手きたので写真をパシャり。

いつ見ても富士山はいい!

P1020041













P1020040













下田に向かう途中、無人販売所があったのでそこで野菜を購入。

積載の都合上、大根と小松菜だけであるが、二つで200円。

素晴らしい!

P1020044













下田市内に入り、以前寄ろうとして見つけられなかった、「とんかつ一」

普通に国道沿いに有って、見過ごしてしまってたのだろう。

店内に居る客は殆どがバイク乗り。

P1020046















初めての来店では、お約束のミックスフライ定食となるのだけど、ものが出来上がる前に、カレーの乗ったご飯と味噌汁が届けられる。

P1020048













これがそのミックスフライ。

とは言うけど、一個だけ入っていたクリームコロッケ以外は全て肉絡み(笑)

おまけに、ご飯が空になるとご飯お変わりしてって!と、どんぶりを奪われて、カレーの乗ったご飯がやってくる。

味噌汁もキャベツも同じ扱いで、キャベツなんかはキャベツ入れますね!ともっさり一掴み入れられてしまう(笑)

相方と二人して、それぞれ一個ずつお代わりして、店を出るときにはジャケットのサイズがワンサイズ小さくなったか?思えるくらい二人して腹いっぱいになって店を後にした。


_DSC1740













河津から旧天城峠に入って、天城トンネルを見学。

_DSC1748











一応、車も通れるが夜中に来たらかなり迫力があるであろう。

_DSC1759












休みの日とあってか、次から次へと観光客がやってくる。

今度は平日の静かなときにゆっくり来てみたい。

で、修善寺の方に戻ったのだけど、また沼津までの間、渋滞するのも嫌なので冷川峠を抜けて伊東に抜けて。

熱海峠から箱根に抜けて、夜景が綺麗だねぇ・・・なんて言ってたけど、かなり寒くて。

無料化した箱根新道は渋滞してて、小田厚も渋滞してて東名に入ったらもっと渋滞してて。

P1020052













この二日間で、忘れかけていた教習所の一本橋走行を嫌と言うほど思い出させてくれて。

久しぶりに、今日の仕事はバイクに乗りたくなかった。

渋滞が無ければ、これと言った観光はしてなくても、腹いっぱいツーリング楽しんだ感があったのだがなぁ・・・






富士山見たいなぁ・・・と思い、殆ど乗れていない750様で走ってきた。

東名から小田原厚木に抜けて箱根に抜けて、伊豆スカイラインの方から富士山見れるかと思ったら、雲にスッポリ覆われている。

当初は、このまま伊豆の方に抜けるつもりでいたのだけど、どうしても富士山が見たいので。

箱根新道を戻って乙女峠へ。

いつの間にか、箱根新道は無料になってたんだねぇ。

国道469号線に抜けて白糸の滝方面に県道71号線?に抜ける。

_DSC1372












そこそこ地元の車なんかも走るけど、信号も無くて気持ちがいい。


_DSC1380












_DSC1378













ムメさんのイカ玉大盛。

魚粉たっぷりで、麺のコシがすごい!

久しぶりの来訪だったけど旨し!

_DSC1381










何とかという展望台から本栖湖を眺める。

ここまでくるまでに富士山を見るが、やはり雲に覆われていて今回はあきらめるしかないようだ。

_DSC1399












鳴沢の溶岩樹形。


_DSC1396











_DSC1395













以前から国道を走るたびに気になっていたのだけど、今回はじめて訪れた。

うっそうとした森。

見学用のは、柵がしてあるけど、森の奥に行くとあちこちにこんな穴が開いてるんだろうね。

いくつか見て、帰ろうかと国道に抜けると、正面にくっきりと富士山が見えている。

本栖湖の写真ポイントまですっ飛ばして。

_DSC1422










富士山撮影成功!

カメラ任せの設定で撮ったけど、今まで撮った写真の中では一番綺麗に取れたかね。

満足!

20分ほど見とれて帰る頃には日も暮れて・・・。

鼻水たらしながら大月から中央道、圏央道、関越と乗り継いで帰ってきた。

途中、圏央道から関越にスイッチする際、ボーっとして新潟方面と練馬方面に分かれる中央分離帯に突っ込みそうになり、リアタイヤがなって軽くダンスしたが、何とか立ち直ってくれてスレスレでクリア。

おっかなかった!

もう少し遅かったら確実に自爆していただろう・・・。

富士吉田のあたりが一番寒く感じてたけど、この直後から暫く体が震えが止まらず、何度も深呼吸して落ち着かせて無事に自宅到着。



天気良かったですなぁ。

直前まで、どこに行こうか、ずっと考えあぐねていたけど、何となくあったかそうな千葉に行く事に。

朝7時に起きて、八時には出発するつもりが9時近くに起きて、出発は10時を回ってしまった。

肩甲骨の部分ににカイロ2枚貼って、ちょっと汗ばみながらCB750に荷物を積み込み、エンジンスタート!と思いきや、初爆の兆しはあるものの、ブィィィィンとならず・・・。

え???と思ったが、良く見たらチョークが完全に引けてなかった。

回転が落ち着くのをみながら、チョーク戻して2〜3分でエンジンもほんのりあったかくなってきたので、ゆっくりとスタートして走行暖気を行う。

最終的に選んだ目的地は以前から気になっていた大房岬キャンプ場。

キャンプ場には日暮れ前に着きたかったので、ひたすら首都高〜京葉道路〜館山道と淡々と走る。


IMG_0582IMG_0580







館山道の市原SAで一休みと昼食。

ロッテリアなんて久々だなぁ。

もともとマックにしても、ハンバーガーショップに行くのなんて年に数回。

ロッテリアなんて10年ぶり位になるんじゃないかな。

ハンバーガーのセットと、チーズバーガー単品を食らう。

前日に手袋を買い換え、格段に暖かさはアップしたのだけど、この辺に来るころには結構手も冷たくなっており、ゆっくりと手を温めながらコーヒーを飲む。

一息ついてSAを飛び出した後、事前調査で予約が必要だったのを思い出す。

次の君津のPAで電話予約。

そこに、CB400SF.VerSのライダーが入ってきて、短いながらも会話。

キャンプに行くってのに呆れたのか、写メ撮っていいですかってんで、写メ撮ってもらってお別れ。

キャンプ場に電話をした時、富浦で降りて何とかホテルを目指してきてって言われたが、走っているうちに忘れた。

ツーリングマップルもめんどくさくて積んでこなかった(笑)

道の駅の売店のおばちゃんに道を聞くと、途中からもう一人のおばちゃんが加わり、話がこんがらかってしまい、お礼を言って走りだすも、最初の交差点で間違ったらしく、それらしき看板が出てこない。

コンビニで放尿をした後、店内の地図を確認すると、やはり来過ぎているので、放尿のお礼に今夜の食材なんぞを購入して引き返す。

程なくして、キャンプ場に到着。

このキャンプ場、第一と第二キャンプ場と分れている。

車両の乗り入れはできないので、受付にバイクなり車なりをおいてリヤカーで荷物を運ぶシステムになっている。


どちらも徒歩1〜2分と言ったところなのだけど、ロックを積んでくるのを忘れてしまい、ちょっと不安である旨を話したら、第二キャンプ場の炊事場の横にとめてOKと許可を得る事が出来た。

IMG_0583





因みに料金の方は610円で、燃えるごみは有料で50円+のゴミ袋購入となるが、それで捨てられるのなら有り難い話だ。

サイトの方は、全体的に緩い傾斜が付いていて、平らな場所は少ないので、混雑時は場所選びに苦労するかも。

設営しようとしていると、同じ埼玉から車で来たと言う、同年代位のソロキャンパーが到着する。

結局、第二キャンプ場の利用者はこの二人だけ。

第一の方には、何台かのバイクが来てたみたい。

テントを張り終え、散策に出かける。

IMG_0587IMG_0595





第二展望台?からは富士山も見えた。

更に散策を続ける。

IMG_0598IMG_0600




IMG_0601IMG_0603





後、ここの岬そのものが、もともと大戦中の要塞の跡地と言う事で、当時の遺構がそのまま残っていたりする。

一部では心霊に関する噂もあるようだ。

確かに重苦しい雰囲気はあるけどどうなんだろうね。

IMG_0605





で、更に散策を続け、第二キャンプ場の下に降りると、夕陽が良く見える広場があったので、取りあえず写真をとって、飯の支度にとりかかる。

IMG_0618





豆ご飯を炊いてみたが、一人で食うにはちょっと多すぎたか(笑)

結局、ウィスキーの小瓶も買ってきてたけど、酒なんか飲める状態じゃなく。

それなりの星空を堪能して、9時過ぎにはシュラフに入り、ラジオを忘れたので、先日の断捨離の本なんかを読んで11時前に就寝。

夜半から風が強くなってきて、テントがばたつく音で2回程目覚めるけど、知らん間に寝てたみたい。

日の出には間に合わず、6時過ぎに起きて飯の準備と撤収の準備を始める。

朝も風が強く、野外での調理は無理なので、炊事場で朝食作りにいそしむ。

とはいっても、ホモソーセージの残り一本と納豆ごはんだけ(笑)

結局、なんだかんだで9時半近くになって撤収終了。

何処に行くかも決めてなかったけど、茂原の方に掩体壕(大戦中、航空機を空爆から守るために作られたコンクリの建物)があったのを思い出し、勝浦から県道を走って大多喜方面に走る事にする。

一般車両もそこそこ走っているので、スピードは乗らないけど、殆ど信号も無く快適であった。

茂原に到着して、携帯で情報をみようとするが電池切れでアウト。。。

IMG_0622





又来た時でいいやと、適当に県道なんかを走り継いでいたら、牛久の方に抜けた。

IMG_0626IMG_0624





2008年の初日の出ツーリングの帰りに寄った讃岐うどんの店、「姫」。

かけの大盛り(3玉)ずるずるっといただく。

IMG_0625

前回あったっけかなぁ。
駐車場の敷地にこんな看板。


どんなメークインが鎮座している店なのか気になったが、それらしきお店はなく。

もしかしたら、うどん店になる前の看板なのだろうか。

気になる。

うどん食った後、どこによるって言うあてもないので、取りあえずアクアライン通って帰る事にして、木更津を目指して国道409号線走り、どこにも寄らずに高速に乗る。

海ほたる寄ろうかと思ったけど、調子に乗ってすっ飛ばしてたら入口通過・・・。

そのまま首都高に乗りついで。

日暮れ前の3時過ぎには高島平で高速を降りる事が出来た。

和光の二輪館に放尿の為による。

買い物に訪れたたくさんのバイクの中、キャンプ道具積んだ小汚い格好でいるのも気が引けたのでさっさと帰る。

寒さに震える事も無く、夕方4時前には自宅に到着。

どこにも寄らない、食って寝て走っただけだったけど、いいうっぷん晴らしになった・・・と思う。

巷では三連休だが、明日は仕事。

で、相方も帰ってくる。

昨日飲まなかったジンビームを飲んで寝ることとしよう。

二日目の朝、同報無線の六時の時報で目覚める。

天気は曇っていたけど、そのうち雲も晴れてきて空は青空で満たされる。

そのうち相方ももそもそと起き出して、朝飯の用意。
朝のホッケ








前日使った、焚き火台では炭の量が少ない為、急遽100均でそろえた焚き火台を導入して縞ホッケを焼いてみる。

納豆と味噌汁で腹を満たして、テントを撤収。

ハイシーズンは結構込み合うそうなので、ゆっくりと過ごすにはこの位の時期がお勧めなのかも。

キャンプ場を後にして朝霧高原を目指す。

やはり天気のいい週末とあって、バイクの数はかなり多い。

ただ、野宿道具しょって走っているのは殆どおらず、チョッとさびしい気が。
おまけに走ってるのは大型ばっかりで、250の単コロなんて殆ど無し。
来年あたり大型も考えてみようかなぁ等とイランことを考えてしまう。

高原に到着。


朝霧高原にて









富士山を間近で見るのはホントに5〜6年ぶり。

そばに警察がいたら、わき見運転で捕まりそうなほどちら見を氏ながら走ってしまった。

で、チョッと行くと何とか滝ってのがあり、そっちに行って見るけど、駐車場も金取られるし、どうせなら富士山に行ってみようと、新五合目を目指す事に。


富士山五合目








以前CBに乗ってた頃は何度かスバルラインから行った事があるけど、静岡側から上るのは今回始めて。

で、五合目を後にして裾野方面を目指す。

途中で対向のバイクからピースサインを送られるが、北海道以外でもピースくれる人っているんですなぁ。
余りにも急激な出来事だったので、頭を下げるのが精一杯。

後ろの相方は追いついてきて、この先に警察いるの?って日本指で警察って結びつかんと思うのだが・・・。


で、自衛隊の富士演習所を過ぎると米軍の基地があり、格納庫の中に攻撃ヘリが見えたのであわててUターン。
攻撃ヘリ







写真を撮って、御殿場から乙女峠を抜けて箱根に入る。

いつもの上湯共同浴場で温泉を楽しみ、西湘バイパスからいくつかの有料道路を抜けて夜7時過ぎに自宅到着。

酒飲んでねた。

もう、あと少しでキャンプのシーズンも終了となりますが、来月もう一回位はいけそうかなぁ。


最後はどこのキャンプ場で今年のキャンプを締めくくろうなぁ。

それとも、ボーナスでいいテントとシュラフ買って冬も行っちゃおうか(笑)


通りすがりにポチッと。
にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

このページのトップヘ