暫く無題で・・・

北に移り住み、ツーリングやドライブを楽しみ乍ら、畑で採れたものでプチ自給生活。 作物が採れてる間はお金はかからんのだけど、バイクで出かける時間がなくなった。 折角、ツーリングと言えば!なんて言われる場所にきたのにさ(笑)

タグ:川渡温泉

休み希望でキャンプに行く予定でしたが、天気が今ひとつ。


直前まで悩みましたが、金土日とかけて、東北の方に温泉ドライブに行ってきました。


土曜の朝の渋滞を嫌い、夜八時に自宅を出発。

一路、古川を目指して東北道を北上していきます。

日付変更線が変った頃、古川ICに到着。

適当にウィスキーの小瓶を買って、道の駅で車中泊。

朝早くに目が覚めて。

適当に近所をぶらついて、午後二時過ぎに宿にチェックイン。

高東旅館










いつもお世話になっている川渡の湯治旅館。

今回も寝袋とマット持参なので格安料金。

風呂入って、旅館の近隣を散策。

白糸の滝







チョッと離れた、舗装林道にある白糸の滝。

滝







宿から一キロ半くらい歩いただろうか。

山深い林の中にあって、森林浴と滝のマイナスイオンを感じて、宿に引き返す。


夕飯







いつものように、適当に料理作って。

かぼちゃの煮物は、一ヶ月位投宿されていると言う、おばちゃんから貰った物。

大変おいしゅうございました。


飯食って、風呂入ってスターウォーズ見て寝る。

目が覚めたら、朝風呂入って米炊いて朝食。

チェックアウトする時に、岩出山の美味しいラーメン屋を教えていただくが、次回来たときによる事にして。

いつものように国道47号を通って山形方面へ、

瀬見温泉看板








瀬見温泉到着。
公民館








公民館に併設された共同浴場。
一回200円で自動ドアが開く。

自動ドアの説明







湯船







内湯だけのシンプルな温泉だけど、かなり熱い。

水入れてかき回すこと10分以上(笑)

これが、かき回すときに溢れるお湯が足にかかると、熱いなんてもんじゃなくて、チョッと眠気がさしていたのだけど、一気に目が覚める。


大石田わらぐち蕎麦







そのまま47号を走って、戸沢村にあるそば屋を目指すけど店休日。

引き返して大石田の次年子に向かうが、途中で空腹に我慢できず。

第一発見のそば屋に入る。

店主のオヤジさん、最初は物言いと言うか、態度がでかく見えたのだが、方言と言うかこの地方の喋り方なんだろうね。

よくよく話していると、かなり面白いオッちゃんで、昔埼玉の蕨に出稼ぎに来ていた話なんかもされていた。





蕎麦







で、肝心の蕎麦ですが。

板蕎麦大盛り。

料金850円也。

非常〜に美味かった!

硬いだけではない、コシの強い蕎麦で、太切りだからかなりのボリュームがある。

前菜代わりに出てくる漬物も美味しくて、ご飯を頼みたくなる(笑)

もう次からは外せない(笑)

で、オッちゃんとげらげら話しをして、又来るよとお店を後にして。

国道347から287へスイッチして、大江町を過ぎたところにある、大沼の浮島を見に行く。

数年前に購入したガイドブックには、大小60余りの浮島があり・・・・云々と書かれていたが、誤情報らしく、どう数えても6つしかなかった。

大沼







晴れた日には、そこそこ景色もいいのだろうけど、ガイドブックのせいで少々拍子抜けして大沼を後にする。


りんご200円






途中の無人販売で、りんご五個入り200円。

迷わず購入。

鯖古湯







その後、更に南下して米沢の手前にある、赤湯温泉に寄ろうかと思ったけど、場所が今ひとつわからず、米沢から13号を使って福島に抜ける。

せっかくなので、飯坂温泉の鯖古湯によって、一風呂浴びる事にするけど、ここの温泉も激熱。

壁に、観光の湯めぐりの人が訪れるので、湯温は40から42度に設定するようお願いしますなんて書かれていたけど、実際の温度計は46度をさしていた。

先客が何名かいて、小心者なので何度も掛け湯をして体を馴らしてお湯に浸かるけど、お湯に入ったら動けない(笑)

鯖古湯を後にして、8時過ぎに東北道に乗るけど、那須を超えた辺りで胃が痛くなり、最後の方は相方に運転を変ってもらう。

何とか12時くらいに自宅に無事到着。

毎度毎度の駆け足旅行も無事終了。

できたら、もう一泊位してバイクで行きたかったなぁと。

いっその事、田舎に引っ越そうかなぁ・・・。


本当は先週の木金と連休を頂いてまして。

そこでキャンプに行く予定だったのだけど、上司から休みを変ってくれといわれまして。

土日が休みになるので、いいですよ!と軽く返事をしてみたものの、後で、そう言えば週末って天気良くないんじゃないか?・・・と思い出し。

その通りになりました(泣)

で、今回はバイクでの移動は諦めて。

久しぶりにシボレークルーズの出番となりまして。

宮城の鳴子温泉のチョッと手前にある川渡温泉に出撃です。

川渡温泉











今回お世話になるのは、川渡温泉にある高東旅館さんです。

いつもの通り、じゃらんの方からの予約で、寝具持込での湯治プランで二名一泊で室料5060円です。
その他、入湯税やらなんかがつきますが安い!

その代わり、このプランの場合は、最低限の設備で料理やらなにやらは、全部自分でということになりますが。

寝具も、いつもキャンプで使っている、寝袋とマットを持っていけば、なんてこたぁないわけですから(笑)

で、かなり安い料金設定にも関わらず、色々とサービスしてもらいまして、かなぁり濃い〜ィ温泉につかってゆっくりと癒されてまいりました。


今回、何だかんだ三回目の利用で、再利用はここの宿が一番多いですかね。

*一応、書いておきますが、ここは元々湯治利用の方がメインで使っている旅館なので、もし、これを見て利用したいと思われたとしても、夜中に酒飲んで騒いだりとかはご法度です。
湯治棟の方は、壁も薄くて防音も最低限なので、お隣ご近所に迷惑にならないように、ご利用ください。

後、湯治プランでの利用は、自分で全て行うなど、普通の旅館のサービスは無いと考えていってください。
判らないことは、直接宿に連絡すれば、用意してくる物など色々教えてくれます。


で、写真とか撮ってこなかったのですが、こちらの方に温泉の事なんかもチョッと書いてありますです

http://blog.livedoor.jp/tabibaikuimpulse/archives/51001147.html


で、当然、湯治ですので。

近場のスーパーで食材なんかを買って。

ご飯も自分で炊くわけですが。


釜で飯









慣れないうちは、失敗したりもしますが。

これが上手く炊けると、ホントに旨いんですよ。

当日は、めんつゆに野菜なんかをぶっこんだ、適当な煮物なんかを作って食いました。

風呂入ってゴロゴロと過ごしますが、ホントに良く暖まって、湯上りはどっと疲れて何にもしたくなくなりますが、多分これが深い睡眠を惹起して、自然治癒力を高めると言うことなんでしょうな。

11時過ぎに寝袋に包まって寝てしまいました。

翌朝も、米を水に浸してから温泉に入り、飯食って山形方面に出撃します。

どうもお世話になりましたです!


国道47号線をひた走り、いつもの通り大石田を目指して、久しぶりのそば屋に到着。


きよ看板










大石田の蕎麦を全部食べたわけではないのだけど、ここの蕎麦はホント旨いですねぇ。

板蕎麦大盛り











板蕎麦大盛り!

久しぶりの味を堪能しまして。

国道397号線を走って、天童方面に走りまして。

河北町を目指します。

ここは、宿のおじさんから聞いたのですが、河北の谷地というところは、肉蕎麦というのがあって、大変旨いんだそうです。

で、到着。



肉蕎麦いろは看板









町内には十数件の肉蕎麦のお店がありますが、肉蕎麦を開発されたのはこのお店の先代さんだそうで、創業91年とかかかれてましたね。


早速、大盛りと普通を一つずつ頼み。

肉蕎麦







来ました。

蕎麦なんですが、若干麺が縮れてまして、これが鳥の脂が浮いた、中華っぽい様なたれと絶妙に絡んでくるんですねぇ。

因みに、普通盛りで麺が200g、大盛り1,5倍、特盛り2倍だそうです。

ちゅるちゅると麺をすすって、あっちゅう間に完食です。

外に出ますが、相変わらずの雨模様で、早々に帰ろうという事になりまして。

国道13号を南下していきますが、折角なので、上がり湯的に上山温泉の共同湯の一つの下大湯に入ってきました。

チョッと場所がわかりずらいのですが、温泉街の駐車場のすぐ近くにあります。
多分、外来者が止められる駐車場って、ここだけと思われるので、ここをベースにはしご湯をするって事になるんでしょう。


で、料金100円。
何故か髪を洗うのは、更に100円だそうですが、湯温が多分43度位あるんでしょうか。

かなりパンチの効いた温泉で、腹がきつくて、チョッと眠くなっていたのですが、一気に覚醒しましたね。

上山下大湯









他にも数件共同浴場があるらしいのですが、雨の中歩いていくのも億劫なので、今回はこのまま帰る事に。


高速のって、自宅の戸田市まで外環入れて2050円だっけか。

東北方面へのドライブやツーリングと言うと、高速道路の料金が結構ネックになっていたのですが、随分身近になった感じがしますね。

ただ、この週末をピンポイントで狙ったかのような雨。
ほんっとに憎憎しい。

もう少し天気が良ければ、観光なんかもしてきてもよかったのですがね。

食って風呂入っただけになってしまった感じが・・・。

前日早めに寝たせいか、朝七時前に起床。

寝ぼけ眼をこすりながら、朝風呂に浸かり、昨夜の残りの飯を平らげる。

そのままゴロゴロとしながら、湯治をゆったり楽しもうかとも思ったが、やっぱりちょっとドライブに出ることに。

昨日ほぼ三ヶ月ぶりに洗車機にかけた愛車も、久しぶりにすっきりとした。

もう少しこまめに手入れをせんと・・・。

雪のクルーズ2








国道47号線を鳴子方面に走り、途中の分岐から国道108号線に入る。

ここからは、本格的に雪も降り出し、途中ふぶいて、地吹雪になっている場所もあった。
鬼首の道路









毎日は嫌だが、たまに雪道を走ると、なんだか心がわくわくしてしまう。

鬼首を過ぎて、秋田に入ると更に雪が強くなる。

十文字町にある丸竹食堂に入り、十文字ラーメンを食す。


丸竹食堂 中華蕎麦










相変わらず、透き通ったスープの中華そばは、スープを最後まですっきり飲み干せるもの。

ふと店の中を見回していると、来月から、このところの原料価格の高騰により、値上げをしなくてはならないと言う告知がなされていた。

ラーメンを食した後、もう少し遠出をしようかとも思ったのだが、雪も更に降って来ているために、取り合えず帰ることに。

帰り際、国道沿いに湧き水を発見し、ペットボトルに水を汲んで帰る。

何台か車が止まっていたが、ポリタンクを幾つも積んで来ていた。
目覚めの水 看板












目覚めの水









夏の暑いときに、バイクで走った後に飲んだら、さぞ旨いだろう等と考えながら、目覚めの水を後にする。

結局、そのまま宿に帰り、前回入湯出来なかった、川渡の共同浴場に入ることにする。

料金200円。

川渡共同浴場建物









川渡共同浴場風呂









泊まっている旅館と同じような温泉かと思ったが、こちらの方が透明度が高い感じがする。
結構熱めの湯だが、こちらも入っていてとても気持ちよいお湯で、地元の人も絶えず訪れており、ジモティのの社交場としても機能している様子。

宿に戻り、サクサクっと飯を食って、風呂に入る。

一杯やっていると、10時前には睡魔が限界に達し、本日も健康的に早寝でダウン。

久しぶりの投稿です。

この所、某完全告知型スロットとの一進一退の不毛な戦いが忙しく、ブログから遠ざかってました。

ヘルニアの方も、術後三ヶ月を過ぎましたが、退院間際から比べれば格段に良くなり、現在はコルセットをつける必要もなくなりました。

で、バイクの方も通勤や、近所をウロウロする程度なら、走るのも問題ないくらいまでなりました。

で、今回、夏休み三連休を貰う事が出来、以前から気になっていた、湯治と言うものに言ってこようと、シボクルのイグニッションを捻って、東北道で北を目指します。

行程は三泊四日の宮城、山形の温泉に入って蕎麦を食って来るというもの。

今回は、相方は仕事の研修で盛岡に行っているので、研修が終わった日に古川で合流する事にして、出発は一人です。

夜勤明けで、半ばボーっとしながらのドライブになりましたが、栃木に入ったところで、ルームミラーに目をやると・・・。

最初は小さく見えていましたが、目を凝らしてみると・・・。

どうやらNSXのようですが・・・。

なんか変なのが頭にのっかています。

そのうち、120キロで走っていた当方を追越して私のまん前に来まして、何者であるかが判明致しました。

噂には聞いていましたが・・・・。

レクサスとNSX








NSXのパトカーです。
思わず写メ撮ってしまいました。
バブリーですな。
パトは鹿沼で降りていきましたが・・・。
フル装備でいくらするんでしょうか。
果たして、何件の違反をとっ捕まえればもとが取れるのでしょうか・・・。

因みに、手前に写っている某メーカーの高級車ですが、突然自分の前に割り込んできて、NSXにテールトゥノーズをかましながら、左右の車線を行き来してました。
それなりのお年の方が乗っているのだろうとは推察されますが、傍で見ていると馬鹿丸出しですな。
思い切ってぶっちぎったりしてくれりゃ、拍手でも送りたいところですが・・・。

その後、安達太良のSAで30分ほど仮眠を取って、何とか五時過ぎには古川のICで国道47号線にスイッチする事が出来ました。

今日から三日間お世話になる、川渡温泉郷にある、高東旅館さんを目指します。

ここの旅館、寝具持ち込みで泊まると、一泊2600円から泊まることが出来ます。
自分の場合、寝具付のプランにしたのですが、それでも1000円程のアップで、温泉が付いているのを考えると、とてもリーズナブルです。
http://www2.ocn.ne.jp/~touji05/

30分も走ると、旅館に到着しました。

高東旅館看板








あまりにも歴史を感じる看板だった為、思わず通りすぎてしまいました(笑)

でも、建物の外観はこんな感じで、結構立派です。

旅館外環









丁度ご主人が、湯治棟の前を清掃中でしたので、到着した旨を伝えると、館内の説明を丁寧にしてくれました。


肝腎のお風呂です。







旅館 フロ








旅館家族風呂









上が通常の大浴場、下が貸切風呂です。

大浴場は、三四人も入れば、一杯な感じで、貸切風呂は二三人で一杯と言うところでしょうか。

黄色く濁ったお湯が、ちょろちょろと掛け流されています。

湯温は結構高めなのですが、長湯していてもとても気持ちのいいお湯です。

で、なんといってもお湯から上がっても汗が引かず、何時までたってもポカポカが続くと言った感じで、リーズナブルな料金と併せて、一発でとりこになってしまいました。

いうなれば、ちょっと自宅から距離があるのがネックなのですが、連泊して心地よいお湯にじっくり浸かって、癒されることを考えれば、しっかりともとは取れると、自分は思いました。

そんな感じで、初日は夜勤明けの眠さと、お風呂に入った心地よいだるさが手伝い、ワンカップを一本空けて、早々にダウンいたしました。

一日目終了。

このページのトップヘ