暫く無題で・・・

北に移り住み、ツーリングやドライブを楽しみ乍ら、畑で採れたものでプチ自給生活。 作物が採れてる間はお金はかからんのだけど、バイクで出かける時間がなくなった。 折角、ツーリングと言えば!なんて言われる場所にきたのにさ(笑)

タグ:戸隠キャンプ場

二日目の朝三時。

チョッと離れた隣のテントの、「怖いよ〜!!!」の泣き声で目が覚める。

五分ほどで静かになるが、この後うとうとして朝の五時ごろ目が醒める。

寝不足と酒が残っているせいで、頭がガンガンする。

もう一回、横になって朝の八時過ぎ迄少し寝た。

頭痛も大分取れたので、軽く朝食を摂って撤収。

ちょうちょ







荷物を積み終わって出ようとすると、CBにお客さんが。

中々離れていかず、写真を撮ったりしてたら、この後蜂が飛んできてバイクの周りをうろうろ飛びだす。

暖気もそこそこにキャンプ場を出る。


が、さて、どこに行こうか。

取りあえず、また蕎麦でも食いに行こうと飯山方面を目指して走る。

取りあえず、富倉の蕎麦を食いに行く事に。

蕎麦を作る時に、つなぎには通常小麦を使うが、違う物で海草を使うので有名なへぎ蕎麦があるが、ここもつなぎにヤマゴボウの葉っぱを使っているそう。

国道292号線を走っていくと脇道に二軒のお店の看板が出てくるので、その看板の通りに細い坂道を登っていくと、はしばと富倉食堂の二件のそば屋が出てくる。

はしばは、行列が出来ていたので、もうちょっと上にある富倉食堂へ。

とみくら食堂







とみくら蕎麦







笹寿司







富倉そば並と笹寿司。

素朴な味の蕎麦でした。

より個性的な味の蕎麦を求めるなら、はしばなのかな。

でも、五年ぶりの再訪が出来たので、良かった。



びわ沼







帰りは、違う道を通って帰ろうかと思ったけど、ちょっと疲れたので、来た通りの滋賀草津道路を走って帰る事に。

途中、チョッとだけルートを外して、びわ沼だか池だかを見て走る。

せっかくなので、万座によって温泉に浸かる事に。

豊国館






風呂の写真は撮れなかったけど、豊国館に久々に再訪。

白濁の温泉が掛け流されていて、入浴500円。

チョッと上にあるホテルだか旅館は五つだか六つだったか、それ以上だかの泉質をそれぞれ楽しめて人気だけど、湯治宿の風情を味わいながら、じっくりと温泉を楽しむには、こう言った鄙びた感じの温泉もいい。

しっかりと、硫黄臭い体になって温泉を後にして、草津を過ぎてから国道406号に抜けて、高崎から高速乗って帰着。

よく走った。


ついでに、戸隠キャンプ場の設備なんぞを。

管理棟





管理棟。
受付はここで。
バイク一台1000円。タープは別料金らしい。
焚き火用の薪の販売と、無料で焚き火用の缶を貸してくれる。
その他、虫除けスプレーなんかも売ってたりするけど、この辺は殆ど蚊は出ないそう。
ただ、蚋はでるそう。
夜八時まで営業。

炊事場






炊事場、各サイトに準備されていて、焚き火の燃えカスなんかは、ここに併設されている、野外炉に捨てていく。

シャワー・ランドリー





シャワーとランドリー。
シャワーは6分感で二百円。24時間使用可。
二百円で済ませるには、かなり効率よく洗わないと駄目。
余分に小銭を持っていけば、ゆったり浴びれるか。

ゴミステーション





管理棟の横にあるゴミステーション。
きちんと分別すれば、全部捨てていける。
ゴミ捨てが出来るのは、ホントに有り難い。

と、こんなところ。

何でも揃っているので、初心者でも気兼ねなく利用できるし、なんたってバイクの乗り入れが出来るのはうれしい。

ただ、スタンドの埋め込みの防止策は何か講じておいた方が良さそう。
うちのSSでも簡単にめり込んで倒れそうになるので、鉄板なんかも持ってった方がいいだろうね。

後の詳しい事は問い合わせてくだされ。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

19日20日と偶然に連休がもらえていたので、あまり出番の無いCB400SSにテント背負って出発。

久々のソロのキャンプツーリングだ。

当初は、前回行った桧枝岐村にある、もう一つ気になるキャンプ場か、只見の方まで走ってテントを張る算段をしていたのだけど、二十日の天気予報が、雨はふらねど曇りと言う今ひとつなため、当日の朝に予定の変更。

急遽長野に向けて出発する事に。

関越に乗って、チョッと遅くなったので渋川伊香保まで走る事に。

朝飯








途中、寄居のPAで朝飯。

栄養的に考えても、コストパフォーマンス最高!

SAの蕎麦とかって、どう考えても値段だけの価値があるとは思えないんだよなぁ。

そういえば、リアキャリアにカッパ以外のもの積んで走るのは初めて。。

取り付けの時、泡食って、キャリア側のねじ山潰して、ドリルで揉んでもらって、スカスカになった所に、同サイズのネジとボルト入れて固定しているので、チョッと心配していたのだが、大丈夫そうだ。

テントも、体重計で量ったら2.5キロ位で、耐荷重の3キロは取りあえず下回ってるからなぁ。

で、関越降りて、国道353だっけ?草津に抜ける道。

あれは、今は駄目だね。

観光バスもそうなんだけど、更に八場ダムの為のダンプが多くて、全く走っていて楽しくない。

大体、ただでさえ、せまっ苦しい道路なのに、豪華キャビンだかなんだか知らんが、カーブ来るたびにすれ違えずにブレーキ踏みやがる。

そうでもしないと、客も寄せられないのかも知れないが、巻き添え食ってるこっちにしてみりゃ、甚だ迷惑他ならん。

高崎で降りて、ちょっと遠回りだが、倉渕経由でって今更ながらに思うけど後の祭り。

国道最高地点







イライラしながらも、国道最高地点に到着。

考えてみたら、バイクでここに来たのって初めてだな。

ガスっていて、眺望はなかったけど取りあえず満足。

取りあえず、今回は少し観光を・・・・

なんて、0円マップの関東版、積んだつもりが忘れてきてしまい・・・。

今回も食って、走って寝るだけのツーリングに終わりそう。


熊の湯のとこの噴泉









熊の湯の手前にある、噴泉所?っていうのか?

取りあえず、記念に写真とって出る時エンストして、倒れそうになった。

湯田中渋方面目指して、何とかの池やら、かんとかの沼だかを横目にひた走り。

野菜直売所








いつの間にか、長野市街を通り越して、あと少しで戸隠って所で県道36号線沿いに、野菜の直売所発見。

熊谷から来たという、おばちゃんが群れて色々買い込んでいたので、取って返して、自分も今夜のおかずになりそうなものを買い込む。

戸隠の蕎麦







更にずんずん標高を上げていくと、風も涼しくなり、メッシュで走っていたらチョッと寒いくらい。

3シーズンにして良かったと思っていたら、バードラインに合流。

で、有名なうずら屋に行こうかとも思ったのだが、何度も行っているし、時間も三時を回った頃で、あいているのか判らんから、車が一杯止まっているお店へ行くが誰もおらず。

注文して一分したかしないかで蕎麦が到着(蕎麦ってそんな早くに茹で上がるのか?)。

普通にいただける蕎麦でしたな。

そば屋を後にして、一路戸隠キャンプ場へ。

戸隠キャンプ場到着







戸隠バードラインを、真っ直ぐ走っていけばいいだけなので難なく着いた。

設営完了







平日だから空いてんだろうと楽観して言ったら、夏休み中だからか家族連れがかなり多いですなぁ。

出来るだけ、離れた場所に陣取る。

シャワーにランドリー、トイレも綺麗で、乗り入れも自由。

焚き火するって言えば、一斗缶をくりぬいた焚き火缶無料で貸してくれるし。

来た道を引き返して、商店で食材、酒屋で今夜の燃料を補給。

とうもろこし






直売所で一本100円の取れたてとうもろこし。

ちなみに、ひげの数と粒の数って一緒なんだそう。

料理







北海道の時にはまってしまった、ホタテのねぎ塩焼きと、シシャモなんかを焼いて。

ししゃも







しかし、見切り品の蒲鉾。

100円だから買っておけ!と買ったはいいが、変な味付けだと思いつつ、5つ程食ってよく味わってみたら、腐ってるじゃねぇか!

何だかんだで最後の方は、かなりべろんべろんに・・・・。

最初曇っていた、空も9時過ぎからは晴れていて、ちらほらと星が見え出した。

何とか流星群が、もしかしたら見れるかも・・・なんて情報もゲットしていたが、上を見ていると目が回る・・・。

二日酔い間違えなしの状態で寝る。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ