足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:炊飯

さて、先日届いたトヨトミの灯油コンロですが。

コメ炊きをしてみる事にしました。



BlogPaint


いつもの様に、リサイクルで購入した、天ぷら鍋に米を入れて。

今回は麦を投入して麦飯にしてみましたです。



20160420_121404



基本的に火力調整ができるのか、説明書をよく読んで居ないので、わからないのですが、取りあえずマックスの火力で加熱。



20160420_122253




沸騰して、噴き出すちょっと前に、五徳を載せてやる事で、ガスコンロで言う、とろ火の状態。


20160420_131255


火種から放す事で、ガスコンロよりも若干、時間がかかる様な気がしないでもないですが、美味しく炊きあがりました。

昨日、このご飯を夕食の弁当として職場に持ち込んで喰らいましたが、ガスで調理している時と変わらず、美味しいご飯ができましたです。

手放せない逸品が一つ増えました(笑)





ここ最近、ガスで米を炊くことにはまっている。

以外と時間かかると思いきや、そうでもなく、難しいのかと言えば、水加減と火加減をチョチョイと調整してやれば、然程の問題なし。

炊飯ジャーでスイッチポン!で行くのも楽でいいのかもしれないけど、ガスで炊いたコメは中々の旨み。

ではまず。

20160309_111254


普通に米といで。

20160309_111309


水加減は自分の指の場合、爪の長さの1.5倍位を目安にしている。

第一関節のちょっと下くらい。

20160309_111404


取りあえず、30分を目途に水に浸して放置。


鍋は厚手のステンレスの天ぷら鍋を使用。

リサイクルショップで900円で売られていたもの。

薄い物より、厚手の方がうまく炊きあがる。

恐らく熱の伝導率が悪い分、熱が放散しにくく、中の米に熱が伝わりやすいんだと思ってるが、詳細な理屈は知らん。

ただ、炊飯ジャーの宣伝でも似たような事を謳っていたCMがあったようななかったような・・・

ただ、厚手の鍋にしてからは、ほぼ失敗がないので、この辺の理由は何かしら関係はあると思われる。

で、天ぷら鍋を選んだ理由は、なべ底の形状。

以前、宮城の川渡で湯治に行ったとき、炊飯釜がおいてて、それの形状に似てるから。

何の意味もなく、そんな形にはしてないだろうからね。

あと、天ぷら鍋なんで、ガラス蓋はついてないので、別に購入。

コーナンで380円とかだとおもう。

20160309_132050


蓋の外側の形状も色々あると思うのだけど、うちの天ぷら鍋には、この形状ですっぽりとはまる。

20160309_111404


吹きこぼし防止の穴に箸をぶっ指して、圧が逃げないようにして。

20160309_111725


中火から強火位で加熱。

20160309_112719

煮立ってきて、吹きこぼれそうになってきたら。

20160309_112847

こんな感じで、吹きこぼれるか、こぼれない位の微妙な感じに火加減は、とろ火に落としていく。

この段階で、コメは一気に水分を溜め込み、膨らんでくる。

20160309_113500

10分弱で、蓋と鍋の間からの吹きだしもなくなってくる。

それと並行して、なべ底の方からパチパチと言った音が聞こえてくる。

若干、焦げ臭い臭いが出てきたところで、火を落とすと言うのもあるようだけど、自分は、この時点で強火にして、一気に水分を飛ばす。

20数えて、ガスの火を落とす。

20160309_113842


ほんで、このままタイマーで10分蒸らして。

20160309_115029


炊飯成功。

ガスをつけている時間は、実際のところ20分もあるかどうか。

電気代と比べた場合の費用対効果は、ちょっと解らんけど、今度、電気代の合計とガス代の合計を計って見ても面白いかもしれない。

20160309_115350


とりあえず、昨夜作った、ルーを使わないカレーで朝飯兼、昼飯と。

保温ができないというのが、少々ネックになるが、保温にかかる電気代って、結構高いから、その辺は割り切って居る。


で、キャンプ用品なんかでは、アルミとかチタンなんかの、炊飯に特化したコッヘルが売られている。

登山なんて目的で考えると、軽さがと言う事になるんだろうけど、バイクのツーリングなんかでは、多少重くなった所で然程の影響はない。

二人で出かけるときは、MSRのストアウェイポットの容量の大きい物を使用しているけど、一人ならタイステンレスと言うメーカー(MSRブランドも、こちらで作ったもの。しっかりとMSRとタイステンレスの刻印がある)の450前後の容量のコッヘルで、腹いっぱいになる位のご飯が炊けるし、これも、やはり厚手に作られているので、失敗はホントに減ったというか皆無。
MSR名前が付いてない分、こちらの方がお得。



ただ、それ以上の容量の物になると、MSRのネームが付いた分、ちょっと、おプライスが・・・と言う事になるが、それだって、3千円台だから、チタンとかの高価なものを買うよりは安く上がるんじゃないかな。

突然の停電なんかの時でも、水と卓上コンロさえあれば、米はたけるので、急場しのぎの手段として、覚えていても損はないだろうし、キャンプ場で旨いコメが炊くことができるようになれば、随分と幸せの度合いも上がるってもんだ(笑)










このページのトップヘ