足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:美深アイランド

天気予報を見ているが、北海道の帰省が近づくにつれ、どんどんと天気が怪しくなる一方。

仕舞いには台風の存在も出てきたりして、これじゃ、バイクで行っても走る時間がないのじゃないと。

しょうがないか・・・と今回は車で出発。

DSC04381












いつも新潟を目指すたびに置いてきぼりにされる新日本海フェリー。

今回は無事に出航一時間前には到着。

港には10台ほどのバイクが連なっている。

ちょっとと言うか、かなり羨ましい・・・。

DSC04393











天気も上々だけど、船の上では何もする事もなく、持参した本などを読んだり、焼酎をかっ食らったりして寝ていた。

DSC04402











無事に小樽に到着。

父親の墓参りを済ませて、生まれ故郷の写真をパチリと。

DSC04403











朝早かったのだけど、いつも五時過ぎには起きているという、母の話を信じて実家に立ち寄るが、母親はおろか、買っているマルチーズも寝ていたみたいで、随分と間を空けてから母の寝室から飛び出してきた。

とりあえず、北の方なんぞを回って、実家に戻る事を伝えて出発。

DSC04404












途中のセイコーマートで朝飯替わりにとうきびなどを購入。

DSC04405












昨年度購入した0円マップは引越しの荷造りの際に捨ててしまっており、実家に放置されていた随分古い0円マップがあったので、その情報を頼りに車を進める。

当初は、稚内の方まで走る予定だったのだけど、このところ毎回寄っている場所でもあるので、留萌から国道233号線、275号線と内陸部の方に舵を切る。


DSC04406













幌加内の蕎麦屋、せい一さんで昼食。


DSC04411
DSC04410















右にあるのが、これでミニ天丼。

ミニ天丼と銘打ってますが、ご飯も普通に入ってるし、かなり広範苦しくなる。

蕎麦のうまさも何処かにすっ飛んだ(笑)


DSC04417












店を後にして、美深の方に向けて走る。

DSC04423












大分前のモーターサイクリストで見たことがある鉄橋。

深名線の第三雨竜川橋梁。

DSC04421












進入防止のための柵の間からカメラのレンズを入れて撮影。

柵の横から入ろうと思えば、入れない事もなかったが、高所恐怖症のためやめとく。


以下、橋の説明・・・

DSC04418













橋を後にして、朱鞠内湖の方に向かう。

DSC04433











この頃には、うだるほど・・・とまではいかないが、かなりの暑さ。

自分がまだ道内にいた時には考えられない暑さである。

湖を後にして、美深まで来る。

DSC04466











随分前から気になっていたトロッコ王国。

DSC04465











DSC04447











DSC04453











昔の線路を利用して、観光資源に使っている。

アクセルとブレーキが付いていて、自分で速度を調整、ところどころ踏み切りがあるけど、車ではなくこちらが一時停止する。

中々爽快ではあるのだけど、後ろの席に座ったときには、振動が物凄くて、鼻の頭がかゆくなるほどであった。

一人1200円だったか。

中々面白い体験。

トロッコ王国を後にして、函岳に向かう。

DSC04472










DSC04473











道を間違えてと言うか、知らず知らずのうちに、歌登の方に入ってしまい、かなり遠回りしてしまったよう。

で、遭難多発地帯なんて書かれているのだけど、ここまで来る途中、かなり荒れたガレ場を走って登ってきたら、いきなり藪の中から人が飛び出し、びっくりして車を止める。

方向転換させようとして、バイクごと落っこちてしまったとの事で、引き上げて欲しいとの事。

嫁と色違いのバイクであったが、オフ車だったので、フロントのガード?に牽引フックを引っ掛けて、何とか沢から上げてやったのだけど、この牽引ロープが軽く20年以上経つ代物で、途中で切れたらどうしようかと、こちらの方がヒヤヒヤした。

その後、大丈夫と言うのでとりあえず、彼を一人残して函岳を目指すが、考えてみればいつ熊が出てもおかしくない状況だなぁ・・・なんて思って、帰りにもう一度引き上げた場所に寄ったが、無事に帰られたようだ。



DSC04481










DSC04480









BlogPaint










無事に函岳到着。

バイクできたかったんだよねぇ・・・。



自分達以外誰も居ないので、ハンディのアマチュア無線機を持って。

DSC04496










熊よけの鳴り物を携えて360度のパノラマを望むも雲が邪魔をして何にも見えませぬ(笑)

山を降りて、美深町内のラーメン屋で夕食。

DSC04503











ぴうかラーメン。

DSC04501











中々いいお味の一杯でございました。

結局、今夜の宿は、昨年あまりいい思いをしなかった美深アイランドで宿泊する事に。

今回は夜中まで騒ぐ輩もおらず、ぐっすりと寝る事が出来た。






















朝五時過ぎ頃かね。

カラスの鳴き声で目が覚める(*`Д')



もぞもぞテントの外に出ると、既に出発準備を終えようとしている人もいる。

毎朝恒例となっている、チェーンの給油も済ませて、インスタント麺の朝食を喰らって、こちらも撤収の準備を始める。


IMG_1634





久しぶりに飲む北海道の味。

なんちゅうことぁ、ないんだけど小さい頃思い出すなぁ。

取りあえず、俺はそうでもないのだが、相方の旅のメインでもある、旭山動物園に向かうべく国道39号線をひた走る。

過去に、この辺の藪の中にレーダーパトが隠れていたこともあり、四方に注意を払いながらの移動となるが、幸いなことに、まだ出勤されてないようだった(笑)


IMG_1635IMG_1637





石北峠に差し掛かるころ、インカムから「いたいた!」と聞こえてきて、相方のもとにUターンして戻ると、今回初めての野生動物発見!

警戒しているのか、時折、キィキィなんて啼いていたので、友好の意を示して真似したら、山の斜面を駆け上がって逃げて行ってしまった(笑)

上川あたりから、無料開放中の高速のって「旭山動物園↑」の標識に従って、道道を走っていき、30分も走ったころに到着。

IMG_1638





駐輪場には意外と県外ナンバーのバイクも止まっていて、立ち寄る人も結構多いみたいだ。

IMG_1640IMG_1664IMG_1656P1000237








IMG_1645IMG_1677

IMG_1654P1000247IMG_1649






最初、馬鹿にしてたのだけど、結構見応えがあるね(笑)

そこに書かれている、動物たちの説明なんかを読みながら見ていくと、なるほどねぇ・・・なんてことが結構あって楽しめる。

動物だけをみるのでなしに、時間があるならそこに書かれている解説なんかも是非読んでみたいところ。

IMG_1719




で、キャンツーをしていて、もっとも会いたくないのも飼育されていた。


心なしかここの場所が、一番臭かった。

野生の物も、そばに寄ってくると、おんなじ臭いがするのかね

旭山動物園後にして。

今夜の宿営場所の美深アイランドに向けてバイクを走らせる。

IMG_1721IMG_1723





剣淵の道の駅で一休しつつ、無料のパソコン使って天気予報なんかもチェックする。

台風の影響なのか、ここ数日道内の天気もコロコロ変わっているようだ。

BlogPaint




名寄の道の駅で0円マップに出ていた蕎麦を食おうと思ったが、既に終了していたので、さっさと北を目指していく。

BlogPaint




智恵文に差し掛かったところ、ひまわり畑が見えてきた。


IMG_1737





2009年に見たものは、国道から奥まったところにあったのだけど、そこかしこに点在している物なのかな。



IMG_1743





なんとか明るいうちに到着。

テント張っていると、ちょっと離れたところにいたじい様。

車の軒には洗濯ものがぶら下がっている。

長期滞在なんだろうね。

手前の、バイクのテントの人に色々と話しかけていて、こっち来なきゃいいな・・・と思いながら、テント張っていると、こっちにきやがった。

テントは手間がかからないのがイイだの、小樽にあった若鳥の焼いたやつは大したことなかっただの、聞いてもいないのにやかましい事この上ない。

小樽出身である事を伝えると、見るところはたくさんあっていい街だよね!だと。

むしゃくしゃしてきたので、人口も減る一方で年金受給者ばかりの赤字の町でいいところなんか何にもない!
と嫌味を交えて返事してやったらいなくなった(笑)


その後、よそで話をしているのを聞いていると、地元にいると暑くて電気代がかかる、ここは1泊200円かかってもそれより安いから滞在しているってな事を話していたらしい。

ゴミを6種類に分別とか、ちょっとメンドクサイけど、200円の安い料金で車の乗り入れOKでランドリーから全て揃っている。

だから、こう言うのにうってつけなんだろうけど、あちこちにそんな車がたくさん止まっているのをみると、キャンプ場と云うより避難所のようにも見えなくない。

IMG_1740







煩いのもいなくなったので、ジャガイモとピーマン入れて、コンソメのスープ作って、またセイコマのジンギスカンで夕食。

尿酸値が上がってくるなぁ・・・・等と思いつつも、全部平らげた。

で、今度は風呂入って寝ようとしたら、後ろのテントで宴会。

12時近くだと云うのに、知り合いの処に電話して、大声で結婚式の打ち合わせなんかしながらゲヒャゲヒャ笑ってる。

次の日の朝見てたら、そのまま仕事に出かけて行ったところをみると、出張費安く収める為に宿営していたようだ。

ま、騒いでいたのはこの馬鹿二人だけで、他はひっそりと静まりかえっていた。

有名どころだから、色んなのが来るのだろうけどね。

いい勉強になった。

たまたま、巡り合わせが悪かったって事なんだろうね。

もう、行かないけど(笑)









このページのトップヘ