足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:高松

昨日の休み。

テレビの紅葉予報でも名前が出てくる大窪寺。

どんなものかと、嫁と犬を乗せてドライブに行ってきましたです。

D3100に35ミリのレンズくっつけていってきましたです。

まずは、腹ごしらえとばかりに塩江の道の駅にある蕎麦のお店。

DSC_0858

DSC_0868


行基庵。

盛りを頼みたかったのだが、ざる様の麺が出てしまったので、30分位待たないと。。。。と良くわからん返事。

なので、かけ蕎麦を頂くことに。

透き通ったつゆ。

こっちの方だと蕎麦つゆもこんな感じなのかな。

そういえば、西日本のどん兵衛とか、まだ食ってないな。

DSC_0878


で、そのかけそばであるが、こちらならすぐ・・・と言う事だったけど、なんだかんだ20分位待ったんじゃないか?

今度来た時は、冷たい蕎麦を食べてみたいと思った。

もう少しすれば、地元の塩江産のそば粉を使った物が出て来るそうだが、今現在は蒜山のそば粉なんだそう。

そういえば、この前写真撮った赤蕎麦なんかもメニューに加わるのかな。

あっちゅう間になくなりそうだけど(笑)

時間掛かるのが当たり前なのか、中には併設の温泉に入って、何時に又来ます!と予約みたいなことをしていくお客さんもいた。

DSC_0863_01


庭先に咲いた椿の花。

車で30分ほど走って大窪寺到着。

DSC_0902


DSC_0919


DSC_0942



DSC_0925


DSC_0946


天気も良いと言う事もあって、わんさか人が来ていた。

土日なんかじゃ、どんなことになるのやら。


帰り道、ちょっと遠回りになるのだけど、公渕公園で菊祭りをしていると言うので、そちらも見ていくことに。

DSC_0984


DSC_1012


日も暮れかかり寒くなってきたので早々に退散。

またまた、ちょっと遠回りして、塩江に抜ける名もない峠道を通って。

CSC_1071

明かりが付き始めた高松市内を見下ろして。

意外と、ここ夜景スポットに宜しい場所かもしれない。

ただ、明かりも全くない場所なんで、猪とか幽霊とかそんな類の物には、ちょっと用心する必要があるかもしれないが(笑)









一睡も出来なかった夜勤明け。

酒飲んで夕方まで爆睡。

夕方、嫁の運転するステラの助手席に乗り、入院中の母親の元へ。

何故か、手にはD3100とトランクに三脚が(笑)


病院の裏手にある山から高松市内の夜景を見に行ってきた。

DSC_0087

頂上からの眺めもいいんだけど、そこからだと目の前に送電線の鉄塔があったりしたので、ちょっと下の方から夜景を。


夜も随分と涼しくなったもんだ。

で、栗林トンネルを抜けたところからも写真を撮ってみる。

DSC_0097

手前にある建物の光の反射が上のほうに写ってしまってます。


自宅に帰ってから調べてみたら、どうもプロテクター着けているとその所為でこんな風になる事があるらしい。

今度、外した状態で撮ってみよう。


写真撮ってたら、白黒パンダが職務質問でもしようと思ったのが、止まりかけたパンダの助手席と目が合う。

そのまま行っちゃったけど。

盗撮疑惑でももたれたのか。


帰りにラーメン屋へ。

DSC_0099


DSC_0105

塩ラーメンが売りの愛媛がベースのラーメン屋らしい。

DSC_0107


久々につけ麺。

どんぶりに盛られた麺の量を見てワクワク!としたが、底上げされてました(笑)

それでも、中々のボリュームでお味もよろしい。



今日、こちら香川は朝、雪が舞っておりました。

いや、仕事休みでよかったよかった。

んで、本日、嫁様の誕生日と言う事で、ささやかながら外食してきました。

食べログなんかで、自宅周辺のお店を検索したりして。

結局、ステーキかトンカツかと言う事になり。

DSC05708













こちらのお店。

まつ家さん。

なんでも、高松市内のステーキ店で修行されたシェフが作ってくれるのだそう。



DSC05701












イベリコ豚のトンカツなどもあり、お店に入る前はたまには奮発しようかと思ってたのですが、トンカツごときに3000円もなぁ・・・と。

それでも自分は黒豚ロースカツ2000円とケチ・・・ではなく、お金の使い方に慎重な自分としては、随分と冒険をいたしました。

嫁殿のほうは、讃岐もち豚ロースカツの方をチョイス。

DSC05703












こちら、黒豚のトンカツ。

DSC05705












嫁殿の讃岐もち豚のトンカツ。

あたりまえですが、見た目は一緒、区別は付きません(笑)


BlogPaint










ひとかけらずつ交換して食べたのですが、食えればいい自分としては、あんまり良くわからんかった(笑)

で、嫁殿曰くは、黒豚のトンカツの方が豚の味がしたと言ってましたが、こんな二人でイベリコ豚なんか食っても、多分良さはわからないんだろうと思います(笑)

ただ、ころもはサクッと、中のお肉はとても柔らかくて、臭みも無いお肉でとても美味しい夕食でした。

ライスとサラダのおかわり自由なんで、それぞれ二杯ずつお代わりしておなかも一杯になって帰宅。




なかにしうどんによって、相方の実家から相方を拉致りまして。

帰りがけに寄った、上原屋さんであります。

場所的には、栗林公園にほど近い場所にありまして。

以前、ここのすぐ近くにある、ビジネスホテルに泊まったことがるのですが、当時はまったく気づきませんでした。

相方のほうはというと、地元ですから、当然知っていたわけで。

だったら、早よ教えんかぃ!と言う感じなのですが、今回よってきましたです。

その前に、香川県庁に併設されている生協で、お土産なんかを購入したのですが、ここ、結構お勧めですよ。

普通に、道の駅とか高速のSAなんかにもある、お土産もありますが、半生のうどんなんかも安く売られています。

こちら、関東なんかでは栗林印のうどんが、結構出回ってますが、その他に地元でしか流通していないと思われるものなんかも手に入るので、結構お勧めかと。

蛇足ですが、駐車場は結局のところ、県庁の地下駐車場を利用することになりまして、一応、県庁を利用する方以外はNGなんだそうですが、今のところ文句言われたことはありません。

で、うどん屋に戻って。

香川ドライブ 001







ちょうど、お店の向かいに、数台分の駐車場があります。

時間は10時半位だったと思いますが、すでに駐車場は満車。

営業のついでに寄ったんだと思われる、車も数台ありました。

あまり広くない店内です。

セルフ方式でして、うどんのスタイルとサイズを告げて、好きな惣菜を取って、あいている席に座ってうどんを楽しみます。

香川ドライブ 002








香川ドライブ 004









相方は釜揚げを。

ちょっと、時間がかかるってんで、こちらのうどん屋でよく見かける、おでんも頼んでました。

風邪ひいて熱があるってのに、たいした食欲です。

おいらは、何だったかな確かあったかいの頼んだ気がしますが、こうも時間がたちますと、記憶がごっちゃになって忘れてしまいましたがうまかったです。

何っていうか、この地方の透き通った出汁の虜になりつつありますです。

自宅の近くに、こんなお店があったら、牛丼屋なんてほとんど行かなくなるだろうな・・・と。

香川ドライブ 003


食ってる間にも、こんな感じでお客さんが次から次へとやってきて、お店の人気のほどが伺えますね。

食べ終わったら、支払いを済ませますが、自己申告で何を頼んだのか伝えますが、こんな込み合っている状態だと、嘘つくやつもいるんじゃないかと心配になりますが、
ちゃんと申告して、料金を支払いましたです。
おでん頼んで、二人で大盛りだったと思いますが、800円もかからんかったような気がします。

食うのに困ったら、香川に移住。

安いうどん屋のそばにすんで、三食ともうどん食ってりゃ、一日の食費300円なんてことも夢じゃないですからね。

現実にはありえませんが、今回も充実したうどん屋めぐりでした。



このページのトップヘ