足るを知れ

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:BHS

昨日の夜勤は久々にハードだった。。。

もういきたくねぇ・・・・。

それでも、昨夕、仕事中ではあったけど、今日のお昼ごろにバイクを届けに来てくれるってんで、何とかモチベーションを保つことができました。。。


呑みたい酒をぐっとこらえ、いそいそと洗濯物を干していると携帯に着信が・・・。

BHSさん、自宅の前に到着だそう!

ぴったり12時前には到着。


BlogPaint




久々のご対面!

これで、今回の北海道ツーリングは完全に終了しましたです。

SN3O00130001 (2)





あっちでデポに預ける際、雨の中を走りましたので、かなり勇ましくなってます。。。

キャブには白い錆び?それとも塩なんでしょうか・・・。


もう少し日が傾いて涼しくなったら、洗車して終了です。

果たして起きていられるだろうか・・・。

眠し・・・。

週末は雨でしたね。

台風一過は今回なかったようで。

どちらにしても仕事でしたがね。。。。

ネタもないので今回北海道ツーリングの際に使ったBHSの感想なんかを・・・・。

自分の場合、いつも北海道に帰るときには夜11時過ぎに新潟から出る新日本海フェリーを使用していた。

大洗からも船は出ていて、港までのアクセスは新潟に行くよりも近くて楽なんだろうけど、同じ苫小牧にいくのに料金が高め。

確かに、苫小牧港と苫小牧東港とでは、距離的に市街へのアクセスが離れていたりするけど、歩いて移動するわけでなし、30分ほどもアクセル開けていれば、市街には着いちゃうんだから(新潟か大洗から夜便で北行する場合に言える事だけど)。

後、実家に住んでいた時は、小樽港に新日本海の船が入ってくるのを見て育っていたのでその愛着が有ったりもする。

そんな事もあって、いつも新潟からの航路を利用している。


で、自分のいる職場は、大体、最長で9日間の休暇を得る事が可能であるようだ。

その事は果敢にも数人のおばちゃん職員が、3月の有給消化や夏休みの勤務希望表に9日間の連休希望を書き込み、それが受理されているのを自分は見逃していない。

しかし、そのおばちゃんたちは少なく見積もっても7~8年以上のキャリアが有り、自分の場合は今年やっと3年目のまだまだ駆け出しの分際である。

ので。

昨年は7月と8月の月またぎで四日間ずつで、ベテランのおばちゃんたちよりは一日減らして8日間の連休を見事勝ち取る事が出来た。

だから、今年も月またぎで8日間の連休を希望し、嫌味半分と冷たい目を注がれながらもなんとか受理された(笑)

ただ、相方と二人の仕事の都合上と夜勤明けも移動時間として有効活用しなくてはならないので、夜出発の便を予約しなくてはならない。

また、帰省も兼ねてのツーリングなんで、実家にも数日滞在しなくてはならず、船を利用すると8日の休みのうち、船の上で実質二日パーで更に実家に二日滞在となると、そのうちの四日間が減らされてしまう事になる。

こうなると、テント背負って走りに出たとしても、精々2泊三日とかになってしまうため、行き先は限られてきてまうし、あずましくない。

そこで、今年はバイクは陸送。自分たちは飛行機でと、時間を金で買う方法に打って出た。

で、色々と調べてみたのだが、高栄運輸さんでやっているBHSをチョイス。一台49800円…也。

陸送サービスは数社出ているが、こちらが値段的に一番安かった。


で、いきなりインプレ。


いいと思ったところ。

〇バイクの引き上げと受け取り
 
 現地着の2週間前を目処に自宅まで引き取りに来てくれる。
 (受け取りも千歳空港から駅三つ目の千歳駅のほぼまん前にある堀商
 会さんで受け取れるので、時間のロスも手間もかからない。

 (申し込みの時に、大体の日にちを教えられ、引き取りの前日にドライ 
 バーから連絡が入るシステム。都合がつかない場合は最低でも2週間
 以上前にに連絡して 、出来ればこの日が希望と伝えておく事が必 
 要。8月の勤務表がギリギリまで出来ず、なんとか対応してもらった)

 他のサービスであると、一週間前とかに特定のデポ地に持ち込んで、
 北海道での受け取り(帰りの持ち込み)の際は、苫小牧のデポ地まで行 
 かなくてはならず、これが結構距離があったりして手間である。

 どの業者も受け取るデポ地は同じと思うのだけど、一部の業者のサイト
 では、空港からデポ地までのタクシー移動だと8000円くらいかかるなん 
 ても書かれていたところもある。
 
 そんな事から、飛行機を降りれば1時間もしないうちにバイクと対面が 
 出来、飛行機に乗って帰る際もバイクを預けて3駅で空港なので費用的
 にも、精神的にも急かされずに楽である。

〇荷物に関して。

 大体、バイクに積めるものまでとしている所が多いようだけど。
 
 基本的にはそうしているみたい。

 ただ、ヘルメット他、乗りきらない物に関してもバックに詰め込めば一緒
 に送ってくれる。(他社でも相談してみれば、応じてくれるのかもしれな
 いけど、利用してないのでその辺は不明)

 ただ、あまりにも荷物が多い場合は断られると思うが、バイクを受け取 
 る堀商会さんの目の前はでっかい郵便局が有るので、郵パックを利用
 するのもあり。

 
〇料金
 上にも書いたけど自宅まで引き取りに来てくれて且つ、受け取りも空港 
 から駅三つなんで受け取りも非常に楽だった。
 
 引き取りと受け取りが楽と言う点を考えると、コスト的にも十分納得のい
 くものかと思う
 
 後、他の陸送サービスよりも若干ではあるが値段は安い。
 
 後、料金と言うよりも、受け取った後の移動のしやすさだけど、千歳とい
 う立地から高速道路を使用すれば、道東方面や道南方面、道北にもア
 クセスがしやすいと思う。
 
 
 飛行機と一緒に運ぶサービスもあるけど、調べた感じでは、空港でガソ
 リンを抜いたり、荷物を持ってターミナルへの移動に時間がかかったり
 するようだ。
 
 当日飛行機を降りて、堀商会さんまで移動しなくてはならないけど、その
 辺の時間は相殺出来るんじゃないだろうか。



で、ちょっと気をつけなくては・・・ってな部分。


〇バイクを預ける期間
 一旦預けると、大体2週間はバイクとお別れになる。これが行き帰りとな
 るとほぼ四週間。他のサービスでは預かり期間は一週間前後の所が多 
 い。

 その分、お手軽で安いのだから・・・・とも思うけど、北海道ツーリングを 
 する人の中にはは、結構通勤にもそのバイクを使用している人も多い
 はず。
 
 自分たちの場合、複数台所有なので特に問題は無かったけど、一台で 
 通勤からツーリングまでって人の場合、その間は公共機関を使ったりと 
 バイクが手元に無い間は結構めんどくさいかもしれない。
 
 この辺はもしかしたら多少の交渉の余地はあったりするのかな。

 一応、念の為であるが。行きも帰りも陸送の際にはキャブのガソリンは 
 抜いておいた。
 帰りは堀商会さんでただでやってくれた。


〇飛行機への持ち込み物品に注意。
 
 機内への物品の持ち込みは、刃物やオイル、スプレー缶などは一切積 
 み込む事が出来ない。これらは預けてもダメなんだそう。

 なんで、これらをバイクに積み忘れると、めんどくさい事になる。
 
 郵パックも航空便を使用するので、これらの梱包は制限されてしまう。
 
 今回、チェーンオイルをバイクに積むのを忘れてしまい、送ろうとしたの
 だが、この場合、陸送になってしまうので、二週間ほどかかってしまうと
 言われてしまい、これが出発三日前の話だったので結局送れず仕舞
 い。

 結局実家に立ち寄って、ギアオイルを購入して調合。それで間に合わ
 せる事になった 

 そんなわけで、機内への持ち込み制限をされるようなものは、安全を確
 保したうえで、バイクに積んでしまうのが良いと思う。

 ただ、ガスボンベなんかは地元で買っても良いと思う。

〇料金

 やはり船や土日千円の自走を利用するのに比べると料金は割高にな
 る。この辺は時間を金で買っていると割り切るしかない。
 
 後、航空機の料金も余分にかかってしまうので、安く見積もっても交通
 費だけで、一人頭7万チョイの料金がかかってしまう。
 
 決して裕福なわけでもないので、毎月コツコツと貯金をしていたが、お金
 払う時は勿体ないなぁって思ったな(笑) 

〇荷物
 バイクに乗せる荷物なんだけど、トラック固定される時はサイドスタンド
 一本で固定される。
 陸送の移動期間の振動ももそうだけど、途中途中での待機時もスタンド
 一本で車体を支えていなくてはならない事を考えると、バイクに乗せる 
 荷物は出来れば軽いものを選んだほうが良い?
 
 今回送る時は、ガソリンも半分程度まで抜いて、シートにくくりつける荷
 物は、テントや着替え、ジャケットなど比較的軽いものを固定して、その
 他はドライバーに手渡した。

〇旅情
 長距離フェリーで移動するのに比べて、非常に短い時間でアクセスで 
 きる分、ホントに味気ない。
 長時間船に揺られて港が見えてくると、気分が高揚して思わず写真を 
 撮りにデッキに出たりするものだが、飛行機じゃそんなことないもんね。
 
〇飛行機の予約
 たまたまフライト予定の二か月前に旨く休みが入っていたので、飛行機 
 を予約して最終的に陸送を利用する事に決めた。
 
 ただ、土日の場合、格安航空会社のチケットは時間帯によっては、あっ
 ちゅう間に売り切れ御免となる。

 今回、土曜日出発のエアドゥの13時半だかのを予約しようとPCの前に
 張り付いてたのだけど、飛行機の予約なんて久しぶりで、入力間違えな
 んかでモタモタしてたらお目当ての便は五分くらいで売り切れてしまっ 
 た。
 結局、一本早いのを予約したけど、夜勤明けでの出発だったため、か
 なり慌ただしい移動になってしまった。

 これは、自分がアホだったと言う事でしょうがないのだけど。
 ただ、飛行機を利用する場合は、曜日と時間帯によって、予約が殺到
 するので、予約解禁日の2か月前は出来れば、PCから朝一で予約でき
 る環境を作っておく事が望ましい。
 たとえば、風邪引いたんで休みますとか(笑)


〇北海道でのバイクの受け取りと引き取り

 千歳駅にとても近くて、非常にありがたい存在の堀商会さんであるが、
 本業はバイク屋さん。
 受け取りも引き取りも何時でも良いと言うわけではなく、特に土日は出 
 来れば早めに・・・・ってのが正直なところらしい。
 時間はHPで指定されていたと思うので、そちらは守るようにしたい。

〇警報機
 ついてないバイクであれば、別になんて事はないけど、今回、帰る際に
 に警報機を切るのを忘れてしまった。

 バッテリーの弱さでは定評のある?CB750であるが液を補充すれば良
 い段階でなんとか帰ってきたけど、変にバッテリーが無事であったため
 に、トラックの振動に反応して警報機なりながら自宅にバイクが運ばれ
 てくるのは、近所の目もあったりして結構みっともないものだ。




ちょっと気付いたところなんかを色々と上げてみたけど、限られた休みを有効に使いたいと思えば、非常に有効なサービスだと思われる。

何よりも、デポ地への空港からのアクセスが非常に楽と言う点では、かなりアリなんでないかと思われた。

費用の壁を乗り越えられるのであれば、積極的に利用していいのかなと思った。 

カレー作ってたら、テレビでバイオハザードやってんの忘れてしまっていた。

で、世の中は皆さん三連休。

おいらは、仕事仕事仕事の三日間。・゚(゚`Д)゙

で、昨日は夜勤入りだったのだけど、金曜日にBHSさんの方から12時から13時の間でバイクを届けたいとお電話が有りまして。

12時チョイ過ぎに、近くまで来ているのでこれから伺いますとお電話が。

IMG_0001北海道から帰ってくるとき、アラームを解除し忘れたので、バッテリーは死んでいるんだろうと、おプティメイトを準備して待ってたのですが、外から聞き覚えのある音が。
トラックの振動に反応してアラームが鳴って、運ばれて来たのがすぐわかりました(笑)



IMG_0002お?生きてる!と思ってセルを回しますが、うんともスンとも。。。
やっぱり駄目か・・・と思い、バッテリー外してテスター掛けますが、これだとセル回るよな・・・。
一応、補充電して、バッテリーを装着しましたが、良く見ると、キルスイッチが原因でした・・・。


で、ガソリンがどの位残っているかと、タンクを開けようとしますが、途中で引っかかってしまい、ふたが空きませぬ。

で、本日夜勤明けで、購入店の方に行って、6か月点検と一緒にタンクキャップを見てもらいますが、位置をずらしたとかで、とりあえず空くようになりましたが、まだ引っかかるようです。

とりあえず、今回はオイル交換もお願いいたしました。

で、ここまでは良かったのですが。
IMG_0025IMG_0026行く時はまだ全然余裕だったタイヤ。

北海道で約2300キロ走ったら、真ん中だけすり減って、まっ平らになってました。


そう言えば、オロロンラインを南下して、増毛を過ぎたあたりで、道路の轍で車体が振られると言うか、ハンドルが取られるような感じが有ったのだけど、これだったんですね。

直線ばかり走っていた後遺症でしょう。。。

しっかし、1800キロで購入して、新品タイヤが着いてきたんだけど、現在9260キロ。
約7000キロ位しかもたないんだねぇ。

早めに交換した方がいいと言われるけど、勧められたタイヤは、一本当たり二万を超えている。。。

どっち道、交換するとなれば前後やらなきゃならんですし、これだと四万超えますよね。。。


申し訳ありませんが。。。


BlogPaint





以前から存在は知っていたのですが、今回初めての利用。

タイヤ専門店のテクニタップさん。



IMG_0027IMG_0028BT023を入れたかったのですが、リアが欠品中とのことで。
ミシュランのパイロットロード2。
初めての舶来タイヤ。

長持ちタイヤとの事で勧められましたが、36600えんの出費となりました。

その辺のお店で交換するよりはかなりお安いプライスでしたが。

なんでバイクのタイヤってこんなに高いんでしょ。

内のシボレークルーズのタイヤ4本買ったって、こんな値段ならんよな。

こんな風に維持費掛かっちゃうから、バイク人口も減っていくってのもあるかね。

当初、アローマックスでも見積もり出してもらったんだけど、15000円くらい違ってくるもんなぁ。

とりあえず今回様子を見てあまり変わらんようなら、次回はバイアスも考えた方がいいか?。

消耗品なんだからしょうがないんだけどね・・・とも言い聞かせてみるけども・・・・ブツブツ。




後、6か月点検受けてるとき、お店に82年発売のモーターサイクリストが置いてありましてな。

TS3B0536TS3B0538TS3B0539







あまりにもナウいので思わず写メ撮っちゃいました(笑)。

TS3B0540TS3B0541







当時は750が最大排気量なんだもんねぇ。

この頃って、中学に入る頃だったと思うけど、当時、自分がバイクに乗るなんて考えても見なかったな。

26まで、あんな危ないものには乗らん!なんて思ってたし・・・。

だからなんだって話なんだけど、オチも無く明日仕事なんで寝る事にする。

先月の28日。

夜勤明け。

9時15分を時計で確認すると、上司が何か聞いていたようだが、聞こえないふりをした。

飛行機に乗るのは12時15分。

そんな時間は無いので、さっさとお疲れさん!と言って職場を後にする。

カブのキックに蹴りをくれて、自宅に戻りシャワーに向かう。

着替えを始めるころに、相方に命じてタクシーを呼び。

無事に埼京線に乗る事が出来る。

赤羽で京浜東北線に乗り換え、浜松町でモノレールに乗る。

IMG_0008IMG_0003






このころになると、眠気もない事は無いのだけど、逆に興奮してきて、うたた寝する気も起きない。

IMG_0013BlogPaintIMG_0021






エアドゥに乗って、無事に千歳空港到着。

発足したては、片道1万円の切符を出したとしても、機内はガラガラで存続できるのか不安であったが、全日空と提携してからはそれなりに経営も安定してきたのかな。

で、快速エアポートに乗って千歳駅へ。

数日前までは、天気がコロコロと変わって、雨だの曇りだのと予報を開くたびに、ため息をついたものだったけど。

ふたを開けてみればいい天気。

と言うか、本州と変わらん位暑い。

IMG_0025IMG_0026IMG_0028






駅から五分も歩かないで、BHSの千歳デポの堀自転車商会さんへ。

二台のバイク達が主の到着を待っている。

二週間ぶりに乗る二台のCB。

XT250Xとカブにばかり乗っていたので、感覚を忘れてしまっているのではないか?と少々不安。

相方も同じ事を考えていたらしい。

無事に荷物括りつけて。

とりあえずは実家に向かう事に。

相方がホクレンの八幡SSで旗が残っていると、ネットで調べてくれたのでちょっと寄り道して無事に黄色のホクレンフラッグをゲット!

明日も天気は悪くないようなので、一晩寝たら出発する事にして一杯ひっかけてぐっすりと寝る。









いよいよ、北海道の帰省と言うかツーリングまで2週間弱となりました。

本日BHSがバイクを引き取りに来まして。

一足先に、CB750とCB400SSが先に北に旅立ちました。

実は、昨日、花火を見に行く前、CB400SSのケーブル類に注油したりなんかもして、キャブのガソリン抜いたりしてたです。

で、当初オイルはそのまま行こうと思ってたのですが、今日になってやっぱりやっとこうと、二台のオイル交換しましたです。

両方とも前回のオイル交換から2000キロ弱しか走ってないのですが、30度越えの日に十石峠走ったり、2台ともUターンの練習したりなんて事で、結構オイルにも負担掛かってるのかなと。

ちょっと神経質になり過ぎてる分もあるかもですが、あっちに行ってからトラブルのも嫌なんで、思い切って交換にふみきりました。



IMG_0002IMG_0007オイルフィルターは真ん中から抜けますが、ギリギリ通るという感じでした。
手袋と長袖必須ですね。



IMG_0012IMG_0011






これまで使っていた、スノコオイルに別に不満が有ったわけではないのですが、エレメント交換のついでに、G2を使用してみました。

で、この後、二台ともバッテリーをおろして充電して、一応2週間ほど空いてしまうので、マイナスは外したまま、また改めてキャブからもガソリンを抜いて・・・CB400SSの方はプラグを交換して・・・なんて事をしてたら夕方になり。
二人して汗だくになってしまいましたです。

で、夕方6時前にBHSさんお目見えで。

IMG_0027IMG_0031






仲良く二台積まれて旅立ちましたです。

今回、写真に写っていない荷物に関しては、郵パックで送ろうと思ってたのですが、バイクに積載しない状態でも持って行ってくれるという事で、トラックの助手席に積んでいただけましたです。

ちょっとスタッフさんとも話しましたが、今年は暇だとの事。
不景気ばかりではなくて、バイク人口そのものが減っているせいもあるのかなぁなんて言ってました。


そんな折、頼んでいた本も届きまして

IMG_0032






近くのガソリンスタンドやコンビニまでの距離も書かれていたりして、中々頼もしいやつです。


後、ハッカ油を使用して、虫よけが作れるという事で本日試してみました。

いつもならバイク置き場で何かしらしていると、あちこち刺されてしまうのですが、今回は全く刺されずに済みました。

IMG_0002IMG_0003






北海道でのキャンプの時にどれだけ効果を発揮してくれるのか楽しみです。

それにしても、二人とも今日1日で1週間分の汗をかきましたです。

ホクレンフラッグキャンペーンの告知。

やっと出ましたね!

具体的な配布場所なんかについては、また後程からの告知になるようですが、今年もパタパタ言わせながら走らせることができますね(⌒∇⌒)

うれしいっす!

で、今年の北海道ツーリング。

なんだかんだで、バイクは陸送、自分たちは飛行機でという事に。

で、本日の午前九時半にAIR DOの予約ページを開きますが、名前の入力でもたついているうちに、第一候補の13時過ぎの飛行機はあっちゅう間に完売となってしまい、結局一本早い12時15分発の飛行機を取ることに。

ただ、夜勤明けで出発しなくてはならないので、9時15分できっかり仕事を終わらせたとして、自宅に着くのが早くて9時40分位。。。。

10時半には電車に乗って羽田に向かわなくてはならないので、シャワーを浴びたら、休む間もなく出なくてはなりませぬ。

飛行機に乗るまでは昼寝はお預けですが、しょうがないですね。

で、バイクの陸送の方はBHSの方で行く予定。

今だと、6月末までに予約をすれば、川湯温泉のホテルの一泊二日分がプレゼントなんてことをやっていて、バイクも自宅まで取りに来てくれる割には安いことから、今回はこちらに決めました。

今回、飛行機と陸送という事で、コツコツと貯金をしてきたわけですが、際安で一人頭約7万円。。。。

なんか、いざ使おうかという段になってくると勿体ない感じもしますね。。。

飛行機にバイクを積むのから比べると随分安くは上がっているんですけどね。

後は天候に恵まれる事と、空港までの移動時に人身事故などのトラブルがないことを祈るばかりですね。

このページのトップヘ