足るを知れ!

四国在住、二輪、四輪で走り廻ったりしたのを、日記代わりに記録してます。タイトルは、次から次へと湧いてくる煩悩に振り回されそうな自分に対しての戒めです。酔っぱらって書いてる事が多いので、???な文章の時もありますが、ご容赦ください。あとから読み返して、あぁ・・・と思いつつも、修正するのもめんどくさいので。

タグ:L275V

走りのスペシャルエコカーのL275Vでございますが。

あと少しで7万キロです。



P1060540




で、今月、もしかしたら長距離運用をするかもしれないので、前回のオイル交換から3500キロ程だったのですが、思い切って交換することにしましたです。





P1060538





モリグリーンでいいのですかね?

これも、中身が1リットルちょっととなってしまい、新しいのを調達せねばと、8時から頑張る、コーナン様へ出かけて、カストロのGTXが安くなっていたのですけど、どうせなら、もう一つ安いので、ちょっと冒険してみようとw

コーナンのオリジナルブランドのオイルを購入してきましたです。

四リットルで税抜き1580円。


P1060545










P1060546





部分合成と言う事だと思うのだけど。



P1060539




ちょっとモリオイルと混じってしまってますが。


そうそう、モリオイル。

20リットルほどのまとめ買いで、2年以上たって、やっと使い切りました。

これまでの所、オイルが分離したりとか、そんな状況もなく、普通に使えてました。

安いときの買い溜めはありかなとおもいます。



で、余すところなく使わなくてはもったいないので、モリグリーン1リットルと1.7か8箸鬟魁璽淵鵐イルで補うと言う形で、サクサクとオイル交換終了。

ついでだったので、オイルフィルターも交換しましたが、こちらも国産品はこれが最後。

次回からは、モノタロウブランドの一個230円だかの安物に変更となりますw


で、オイル量の交換前点検前のアイドリング。

エンジン音が小さくなった気が。。。

実際に、近所を走らせてきましたが、確かにエンジンノイズが減ってる感じがします。

オイルその物が古いから?とも思ったのですが、前回は、めんどくさいからとダイハツで交換してもらってるので、熟成モリオイルではない。

だから、これは該当しない。


何となく、気分的にそう感じている…プラセボの様な物かもしれないのですが、そのうち解らなくなってしまうのでしょう。



P1060541






P1060543




香東川の橋の真ん中に、私服のやつがぼーっと立ってて、シートベルトを取り締まってました。

いつ見ても姑息。

みなさん、交通ルウルをきちんと守りましょうね!

前回もそうだったのだけど、今回も同じ間違えをしてしまいましたです。

今年、車検だと言うのは解ってたのだけど、先週末の土曜日。

購入先のディーラーから、留守電が入ってて、車検の勧誘かな?なんて思ってたのですが。

内容を聞いてみると、なんとなんと、車検の満了の日は、今月の15日になってますから、お忘れないように!との、ご忠告の内容。

なぜか知らんのだけど、ミラバンの車検、2月の中位って頭にインプットされてて、前回もギリギリで車検取りに行ってて、あぁ、次は忘れんようにしよう・・・と思ってて、すっかりと忘れてしまってという・・・。

そんなわけで、留守電を貰った次の日に慌てて、デラまで出かけて、自賠責を購入してきました。

ついでに、ブレーキ周りの清掃なんぞを、お願いしたら、12か月点検と言う名目にすれば、オイル&エレメント交換も付いて、ブレーキ関係の分解清掃も入ってくるので、お得ですよとの案内。

出来れば、車検の前に・・・・との事だったけど、休みが取れないので、車検が終了してからお願いすることにしましたです。


取りあえず、タイヤの溝だけ大丈夫なのを確認して(笑)、ぶっつけ本番で軽自動車検査協会に行ってきましたですよ。

IMG_20170112_085313



1月のこの時期、空いてます。

これが2月の後半から3月にかけてとか、9月とか、決算期になるとごった返すのかなぁ・・・と思う。

20170112_085550
 


そうそう、この用紙、いつもは何十円とかだして、購入していたと思うのですが、今年の一月から無料配布になったそうな。


つぎは、重量税のアップとか、環境税とか訳のわからん鞭が飛んでくるのでしょうかね・・・・。


サクサクと言われるままに、ライトつけたりクラクション鳴らしたりと進んでいきますが、昨年、どっちのライトだったか忘れたが、光軸で引っかかりそうになったのですよ。

で、ハイビームで光軸計りなおして、大丈夫だからと通してくれたのだけど、あれから二年間、点検を受けるわけでもないので、当然、光軸も前回から、そのままほったらかし(笑)なんだけど、一発で通過。

タイヤの空気圧とかの微妙な違いなんかも関係したりするんでしょうかね・・・。


つうか、それ覚えていたら、予備検査場とかで光軸調整してから行くのが普通なんでしょうがね(笑)

20170112_093453



それでも、そんなこんなで、無事に検査終了。

合格と相成りました。



20170112_094538


今回は、ちゃんとステッカーも貼れましたです。

取りあえず、二年間よろしくねと言う事で。


かかった費用は、自賠責が26000円ちょい+重量税5000円+車検料1400円

それに、今度の12か月点検の分で10000円ちょい。

点検の分、ちょっと余計にかかってしまいますが、ブレーキ周りは自分では触れませんので、ここは素直にと。

自分で出来る事、出来ない事を分けて、出来ない所は素直にお金払ってお願いすると。

それでも、随分と安く上がって居ると思います。

ウィスキーでも飲んで、寝ますかね。

 

昨日、チョイとした野暮用があって、京都の方に行ってきたのですが。

ひたすら燃費走行に徹したら、どの程度まで延びるのか?と言うのを実験してみました。

燃費走行と言っても、高速道路ですから、阿保みたいに低速でと言うわけにもいかないので、取りあえずメーター読みで80から90キロの間をひたすらキープするというもの。

タイヤの空気圧は 指定、2.4キロのところ2.5キロ。

エアコンはオフ。

瀬戸大橋、山陽道、名神自動車道の往復。

行き帰りで距離が違うのは、往路でスマホが、京都縦貫道だかを案内して、高速料金が上がるのを嫌って、もう一つ後のICで下りたため。


天候は結構な雨

途中、ちょっと我慢できなくて、ついつい法廷速度よりも、ちょっと出したり、行程の半分は時間の都合上、途中から90から100キロの間での運用。

20160619_200614

20160620_091926



導き出された燃費様。

写真撮り忘れたので領収書で計算。

25.4697・・・・以下省略。


おぉ!



で、帰りに高速インター至近で満タンにして。

時間の制約は事実上なくなったので、もう少し踏みたい!と言う煩悩を必死に殺し、ほぼほぼ80キロから90キロの間をきーぷして。

20160619_235803

 
メーターの満タン離れが、通常は120キロ前後で目盛りが減るのですが、この時は200キロ付近で、やっと目盛りが一つ減ったと。

因みに、行きの高速では170キロくらいだったかな。 

20160619_235744



20160619_235848



導き出された燃費様。

28.57844・・・以下省略。

ダイハツ様のHPでは、MTの燃費は確か24キロとか、そんな値。

ガソリンは、ほんとはイケないんだろうけど、あふれるギリギリまで入れてるので、恐らく誤差はあっても少々かと。

仮に誤差だとか、天候、風向き等なんかの条件もあったりするのでしょうが、それを差し引いても、メーカー公表の燃費率を上回っていると思いますね。

以前、同じL275V を乗り回している人のブログで、北海道の郊外で法定速度+10キロ辺りをキープして走れば、30キロ行くかもなんて事を書かれていたのですが、ほんとかもなぁと思いますわ。


以前乗ってたワゴンRもそうだったのですが、やっぱり、この速度域が一番燃費のビルかも。

ターボ付きでしたが、確か19キロ位走った事もありました。

ま、高速道路、ある程度の流れで、皆さん走られているので、これ以上の低速ではNGかなと思いますが、80lキロから100キロの間が一番燃費が稼げるのかな。

ただ、忍耐力は必要ですが(笑)


んで、ここからは、見る人によっては、嫌な事書きますが、勝手に言ってろと思っていただいてけっこうです。

ハイブリットやらが燃費がいいとかね、アイストがどうとか。

果たして燃費=エコとだけ考えていいのかと。

要は、それを作るために、どれだけの行程を踏んで、どれだけのエネルギーを必要とするのかと。

例えば、燃料電池なんかに使われるレアアースとか。

レアな訳だから、1キログラム手に入れるのに、どれだけのエネルギーが必要とされるのか。

そんなもん、人の手でほる訳に行かないから、頼るのは機械で大量の化石燃料物故んで、やっと少しの物が手に入るわけでしょ。

流行りの太陽光じゃ、晴れた日じゃなきゃ使い物にならんし(笑)


でね?嫁のステラのバッテリーでも書いたけど、アイスト対応だからと、車検毎にバッテリーを取り替えなきゃならないとか(因みに、嫁のステラのバッテリーは四年目を迎えてもミラバンで元気に仕事をしている)

乗り方や走行環境にもよるんだろうけど渋滞路の通勤がメインだったりも影響あるだろうけど、距離五万手前で、既にブレーキが残り3ミリとかね。

以前乗ってたワゴンRなんかも、マニュアル車だったのだけど、廃車するまでの10万キロで、パッドの残りは半分位あった。

比べて、クルーズのATでは8万キロ位で交換。

結局、快適性を上げるために、いろんな物がくっつけられたり、昨今の軽自動車の場合、悪戯に屋根が高くなったりで重くなって、風圧も受けて、でも、燃費悪くなったら売れなくなるからと、余計な機能やら装備が増えて、それでダメならと、走行テストでごまかしがばれて、日本企業の一つが外資に持っていかれるとか(笑)

何かで無理をすれば、必ずどこかに無理した分だけ仇が出て来ると。

話がずれたけど、そうした部品の一つ一つだって、ハンドメイドで作る訳にいかんから、莫大な電気なんかのエネルギー使って大量生産されるわけでしょ。

走ってる時のco2は減るけど、作るときのco2は?技術が進んで、作る時の排出も随分と抑えられているとかあるかもしれんけど、別に必要のない物作らなきゃ、排出は0。(運転にかかるコスト、ガソリンの消費率は抑えられるけど、その他の物を得て運んでくるまでに随分と手間と金がかかる・・・動かす動かさないと騒いでる某施設も似たような・・・・)

別に、マニュアル心棒者だからと言う訳じゃないが、マニュアルにして車重軽くすれば、エコカーなんて幾らでも作れるんでは?

余計なもん、くっつけなきゃさぁ、生産時にかかるコストも抑えられるし、生産エネルギーだって抑えられるんだから。

あれば便利だけど、無くても何とかなると言うのは、極力削れば軽くなればなっただけ、燃費なんて幾らでも稼げると思うのだがなぁ。

それじゃ、消費者が振り向いてくれないんだろうけど(笑)

まぁね、皆が皆、ミラバンに乗るという訳にも行かんだろうし、ちょっと贅沢な部分とか所有欲とか、その辺もあるだろうから、自分の言って居る事は極論なんだとはおもうけど(笑)

別に、エコなんて事を、自分が実践しているのかと言われれば、そうでも無いのに、えらそうな事を長々と書いたけども。

ちょっと疑問に思っただけです。

ただ、何事もシンプルが一番です。

はい。





 

朝の七時過ぎに尿意で目覚め、納豆で飯食って、今日の夕方には家に帰らないとならんので、宿を後にして。

前回、バイクで訪れた長湯温泉へ。

20160110_102625


前回入った、千住温泉とはまた別の、しづ香温泉へ。

20160110_102716


安くていいよねぇ。

20160110_102739


湯気があれで、上手く取れてないけど、こんな感じの湯船だけ。

床の堆積物とか、松代の方にある温泉を思い出す。

DSC_2008


二湯目

長湯の温泉街からはずれて、田んぼの真ん中にあるのだけど、兎に角わかりずらい場所。

ナビでもなければ、恐らくたどり着くことは難しいよねぇ。

DSC_2010


家族風呂も併設されている。

DSC_2015


設備はこれだけ。

DSC_2016


間欠的にブホブホ言いながら、炭酸混じりの温泉が大量投入されている。

他に客はおらず、ゆっくりとお湯を楽しんだ。

こっちに、移住してきたいくらい。


長の湯を後にして。

DSC_2023


竹田市にある、から揚げ一筋50年の丸福へ。

本店は、市街の中心部の方にあるのだけど、行列ができていたので、系列店の方に来た。

DSC_2024


DSC_2025


から揚げ定食。

ご飯はセルフでお代わり自由。

みそ汁も鶏汁と言う鳥鳥尽くし。

最後の方、ちょっと飽きてきたけど完食。


んで、ツーリングマップルに載ってった、塚野鉱泉を目指して、再び走ると。

20160110_150726


温泉宿が3件か4件ほどの小さな温泉街。

宿で料金を払って共同浴場へ。

20160110_150807


ありました。

中には先客が3人程いて、お風呂の写真は撮れなかったけど、ここもシンプルその物。

ただ、鉱泉と書かれている通り、加熱されたお湯である。

で、この加熱されたお湯がやけどしそうな温度なんで、常時かけ流しと言うより、温くなって来たら温泉投入と言う感じ。

一応、源泉温度そのままの鉱泉を注ぎこむ蛇口もあるんだけど、ほんとなら両方を流して、豪快にかけ流しと行きたいところだけど、みなさん遠慮しているのかな。

20160110_150839


で、入浴もなんだけど、ここの売りは飲泉。

20160110_154135


ここから、柄杓でくみ上げて飲んだり、ボトルに詰めて持ち帰ったりなんて事を地元の人はされている見たい。

20160110_153925


20160110_153952


全国からお礼の寄付も届いているらしい。

20160110_154609



午後三時を回り、久々の温泉のはしごで少々湯あたり気味になってしまいましたが、どこかでもう一泊して、温泉巡りをしたかったなぁと。

20160110_170916


帰りは東九州自動車道に抜ける高速のジャンクションを通りすぎてしまい、福岡市内を走り抜けなきゃならんという、なんとも遠回りなルートに・・・・

で、高速に乗る前に、ガソリンを満タンにしたミラバンであったが、瀬戸大橋を渡ってる最中に、給油サインが。

しょうがないので、坂出で高速を降りて、空いているガソリンスタンド見つけて給油。

少し記憶があいまいだが、ミラバンのガソリンタンクの容量は36リットル。

口いっぱいまでの満タン給油で30リットルまでは入らなかったと思う。

距離にして600キロの半ばを超えたところで、で給油サインが付いたのだけど、これも酷く足の長い車だなぁと。

東北自動車道で例えれば、川口から青森まで無給油で行けちゃう計算だもんね。

少々のガソリンの値上げがあっても、びくびくしないで乗り回すことができますな。
























先月の成人の日からみの3連休。

我が職場はローテーションでの休日になりますので、二連休でしたが、ちょっと九州まで遠征かけてきました。

朝6時起きで、前夜準備した荷物を車に積みこんで、高松自動車道から橋を渡って、山陽道に入り。

ひたすら、高速道路を走ってと。

20160109_115647


20160109_120438


山口に入ったところで、SAで鳥飯のおにぎりと、鳥の焼き物で昼食です。

それにしても、長いっす。

延々と高速道路の変化のない景色に飽きたころ、やっと東九州自動車道だっけかに乗っかって、無事に九州へ入りましたです。

大分に向けて走るのですが、途中、軽自動車が大破していて、何事かと思いきや。。。

20160109_141757


これ、飛び出してきたらしく。

破壊力すげぇ!と。

しかし、この道路、フェンスがちゃっちいっす。

まだ、開発途中なのかもしれませんが、こんな風な場所が所々見受けられるので、野生動物には、結構注意が必要かもしれません。

なんやかんやあって、無事に大分にはいり。

別府温泉から立ち上る、湯けむりが壮観です。

別府市内で食材の買い込みをして、前回バイクできた時に利用した、市営のキャンプ場の奥に今夜の、宿泊場所がありますです。



BlogPaint



奥別府かいがけ温泉きのこの里到着。

BlogPaint


今回も節約旅ですので、自炊のできるバンガロー利用(笑)



DSC_2002

すぐ横には、バーベキューができるスペースもあります。

DSC_2003

蛇口が一個だけの水場ですが、キャンプに毛の生えたものと思えば文句なし。


取りあえず、荷物を降ろして、車の中でピックアップしてきた、共同浴場へ向かいますです。

20160109_190128


湯の平温泉の温泉街の中にある共同浴場を目指しますが、この石畳を車で上ってきたのですが、物凄い傾斜なんで、1速固定で上ります。おまけに石畳の路面ですから、その振動たるや。。。

みなさん、下の方に車を置いて徒歩で目指しているようですが、随分と後になって後悔いたしました。

対向車来たらアウトです。


20160109_181628


4か所か5か所位、共同浴場があるのですが、この砂湯が一番評価がよさげだったので、取りあえず行ってみる事に。

20160109_181839


久しぶりの、温泉協同浴場。

20160109_185443


料金箱。一人あたま200円。

素晴らしい。

お湯も素晴らしい。

脱衣所も、簡素な板で仕切られているだけなんで、お風呂に入りながら、荷物も監視できるので安心ですな。

いいだけ長湯をして、温泉を後にして、宿に戻りますです。

20160109_202748


ガスコンロ持参で、MSRでコメ炊き。

20160109_204219


見事に成功!

ここ最近は、自宅でもステンレスの天ぷら鍋で、ガスでコメ炊いているのですが、炊飯ジャー使うよりも、美味しい感じがします。

んで、よくアルミの方が熱伝導がよいので、コメ炊きには適しているなんて話もありますが、自分的には、肉厚のあるステンレスの方が適しているように思います。



20160109_210749



写真が思うように回転しないので、そのまま載せますが。

鶏肉のネギ塩焼きと、湯豆腐その他で晩御飯。

朝から鶏肉ばっかりですが(笑)、ビールを空けて、気持ちよくなったところで寝袋に入って朝まで爆睡と。

















2万の中程の走行距離を経て、右前のタイヤのサイドの溝がなくなりかけてきたので、タイヤを交換する事にしました。

オークションで四本送料込みで1万1000円チョイ。

支払いの手数料を入れても12000円でTOYOタイヤのTEOプラスを手に入れて。

P1050261


いつもなら、ガソリンスタンドなんかで組んでもらうのですが、ユーチューブなんかを見ていると、結構自分で手組みされている方も多いようで。

自分もやってみる事にしました。

P1050264


ビード落しも、ちょっとコツがいるのですが、ビード周りにシリコンスプレーを吹いてやって、タイヤレバーを互い違いの向きに入れてホジホジしてやればあっけなく落ちます。

YBRのタイヤの時は、車とタイヤの間にジャッキを入れて落としたりしてましたが、そんな事しなくても落ちるのがわかりました。

ビードブレーカーの購入も考えましたが、このタイヤのサイズに関してはレバーが二本あれば大丈夫なようです。


新品タイヤをホイールに組むのも、思った以上に簡単で、特に力も必要とすることも無く、スポン!とはまってくれて。

これなら、次回も手組みでいけるなと確信。

エアバルブもストレートで仕入れた新品を入れて、これも五百円ちょっとで購入した工具で、すんなりと交換が出来ましたです。

P1050262


で、肝心のビード上げですが。

P1050263


内径9ミリのホースを空気の入っているタイヤと組み終えたタイヤを繋いでやれば、いとも簡単にビードが上がりました。



今回、こちらさんの動画を参考にさせて頂いたのですが、始めてみたときは、その手があったか!と感動を覚えました。

コンプレッサーがあれば、なんちゅう事無くできるんでしょうが、その為に大枚はたいて、買ったとしても元を取るのはいつになるのやらと。

そのたびに空気を入れたりと言う事を繰り返すので、体力は要りますが、いい運動不足解消になりました。

だけど、後で気づいてみれば、眠らせているホイール付きのスタッドレスがあったので、それを使ってやれば、なんちゅう事無かったんですよね・・・・。

空気が抜けたスタッドレスは車に積んで、ガソスタに言って空気入れてくればいいことなんですが、気づくのが遅かった・・・・。

あと、ビード上げの面白さに、ムシを抜くのを忘れて繋げて、ホースが吹っ飛んで、空気だけが抜けて、最初から空気を充填してやり直し、なんて事もありましたが、一々工具を買わないでも、有る物でなんとかできるんですね。

P1050267


ホントはビード周りに石鹸水でも吹いて、エア漏れを確認してやればよかったんですが、見た目均等にビードも上がっているので、大丈夫と判断。

2日たった今も漏れている様子は無いので、成功したものと思います。

バランス取りに関しては、今回、自分でのタイヤ交換作業ですので、していないのですが、そこそこのスピードを出してもハンドルが振られる事も無いので、暫く様子を見ようかと。

タイヤの慣らしが終わったら、一区間だけ高速道路にのって、そこで最終判断です。

法定+αで問題ないなら、このままいきますです。

ただ、失敗した事が一点・・・・

ジャッキアップするときに、良く見てジャッキをかけなかった所為か、ジャッキポイント横の鉄板がめくれてしまいましたです。。。

P1050269


その内、プライヤーかペンチで挟んで修正します(笑)

それと、もう一つなんですが、タイヤを保持しているというんでしょうか・・・金属のアーム状の部品が、錆で塗装がはがれてしまっているのですが、融雪剤とかの影響なんでしょうね。

これについては、自分のやれる部分の範疇を越えてしまっているので、近々、Dラーに持っていって相談してみる事にします。

そうそう、今回入れたTOYOのTEO+ですが、価格コムなんかの評判どおり、かなりロードノイズを抑えてくれているようで、また、ショックの吸収も結構いい感じです。

とは、言っても。

嫁のステラの静粛性には勝てませんが、ちょっとだけ高級感が増したような錯覚に浸る事ができますです(笑)












購入してから二年を迎えて、先日、暑いなぁとエアコンを回すと・・・・臭い。

で、近所のホムセンとか車の用品店なんかを回るとお値段が高い。

頼みのモノタロウで検索すると、オリジナルブランドの物なんかは、安い値段が付いているのだけど、どうも部品番号がはっきりしなくて。

で、色々とネットで探してたら、ユニオン産業さんのがヒットしまして。

電話で聞いてみると、部品番号もはっきりしたので注文する事に。

20150512_195333


届いたのがこちら。

品番AC903Z

20150512_195339


消臭とか、余計な機能はついていない、防塵にだけに徹したベーシックタイプで、海外生産のもの。

これ見ると、結構、色々と他車種でも共通らしいね。

で、部品番号からネット通販だと、引っかかったのはヤフーショッピングの一店のみだったのだけど、お値段一個800円。

因みに、消臭とかそんな機能がついた、高規格物は末尾のZが付いてなくて、ネットで大体2000円前後の値段。

恐らく、お店で買うとなると、大抵は定価販売だから、3000円位のプライスになるようだ、

20150512_210256


昨夜DVDを返しに行ったついでに、駐車場で作業したから色がおかしいのだけどね。

20150512_210346


で、フィルターの蓋を外すときにこじってしまって爪が折れてしまったので、こちらはダイハツから注文して取り寄せた。

一個108円也。

今考えれば、ガムテープでも十分だったような気がしないでもない(笑)


20150512_210453

大きさもぴったりだから、蓋もきちんと閉められた。

値段も安いから、毎年惜しげもなく交換する事が出来る。

埃とか花粉が取れるのが目的なんだから、こんなもので十分なのだ(笑)






へい。

昨日、北海道から四国に帰ってきましたです。

小樽の実家に戻ったといっても、特に実家の片付け以外は何にもなく。

しいて言えば、帰る際に寄り道して温泉にでも入ってこようと思ってたのですが、最終日に風邪引いて、船の中で熱が出てヒィヒィ言ってたと(笑)

次の日には、予め持参していた抗生物質が効いて、大分まともになったので、新潟から舞鶴まで下道を走って、舞鶴から高速と言う流れで帰ってきました。

SN3O1540

BlogPaint

で、舞鶴に到着した時点で、高速に乗らねばならないので、念の為に給油。

ちとレシートの写真が暗いのですが、21.39リットル入りまして。

25.9キロ/ℓと出ました。

ま、満タン法といっても誤差もありますから、なんともいえないところですが、いつもどおり、口いっぱいまでちびちびと入れて、溢れる手前で終了(ホントは危ないからしちゃ駄目)。

多少の誤差もあるでしょうからあれですが、悪く見積もってもカタログ燃費と同じ24かそれ近くは行っていると思われ、改めて車重の軽さとマニュアルと言う組み合わせは最高だなと。

ま、風邪と寝不足の影響で、殆ど飛ばすことも無く、出しても法定速度+αと言うのんびりとしたペースでダラダラ走ったのもよかったのかもしれません。


クラッチを繰り返し踏み続けた左の膝。

自宅に戻る頃には鈍い痛み。

20年以上車の運転してますが、免許取得からこの手の車に乗ってたら、維持費がどの位の差が出るのか、一度計算してみたいものです。

めんどくさいのでしませんが(笑)




連投となりますが、久々にミラバンネタ。

何ちゅう事ない、プラグを変えましたという話です。

走行距離も1年半くらいになりますが、2万キロ手前まできましたです。

正直な所、まだいけるんじゃないの?とも思うんですが、皆さん、どうされてるんでしょうか。

【*捕捉  今しがた、買い物ついでに走ってきましたが、随分とスムーズな吹け上がりでした。ノーマルのプラグ同士での比較にはなりませんが、体感できるほどの変化があったと言うことは、恐らく、目に見えない部分で劣化してたんでしょうね。因みに、ついでに書き足しますが、この後に続くサニーの話。勝手に白金プラグが入っていると思い込んでの結果です。】


もう、10年以上前になりますが、当時乗り回していた、サニーのセダンなんですが、新車で購入してから、4万6千キロで手放すまで、一度も交換したことないんですよね。

装着されていたのは、ミラバンについていたのと同じ、普通のグリーンプラグって奴でしたが。

ま、大衆車のサニーと言えども、高速道路でそれこそ、ここでは書けない様な速度で走る事もありましたし、実際、3速で引っ張るような走り方をしょっちゅうしてましたが、ノートラブル。

で、バイクのほうでもそうなんですが、一応、推奨では5000キロで交換なんて言ってるんだけど、以前、車両メーカーのお客様相談センターに電話で確認した事がありまする。

で、巷では5000と言われてるけど、実際、一万キロ走っても問題ないのだが、実際の所、何処まで耐久性があるのか?と。

まぁ。これもですね・・推奨なんだけど・・・・まぁ、そうですよね・・・ゴニョゴニョ・・・と言った按配で、なにやら大人の事情があるのかなと言った印象だったのですが。


でも、ネットで見てると、結構プラグが原因で壊れるよ?見たいな情報があるんですが、壊れるまで人柱する勇気もないんで(笑)、通販で仕入れていたイリジウムの長寿命タイプに交換する事にしました。

因みに言っておきますが、たまたま、そうだったと言うだけの話で、これ鵜呑みにして、交換放置して、何かあったって知りませんので、ご自身でご判断おば。


で、交換作業。

こちらの
記事を参考に作業を進めさせていただきました。



納車間際の記事では、エアクリーナに繋がるダクトが邪魔で、色々外すのがメンドクセェ!見たいな事書いてましたが、何ちゅう事ありませんでした。

P1040769


エアクリーナーボックスの手前にあるボッチ。

これ引っ張って引っこ抜くと、このダクト簡単に外れます。

P1040770


プラグキャップ?お目見え。

ダイレクトイグニッションとか言うらしいです。

根元のソケット抜こうとしたのだけど、左から一個目と二個目のは、隣とのクリアランスがきつくて、こじると配線に負担掛かりそうだったので。

P1040771

最初に、固定している螺子を緩めてやりました。

P1040772


これ外してやれば、自由度も増しますので、ソケットを引っこ抜いて。

プラグキャップも引っこ抜いてやって。

後は、プラグレンチでプラグ外して。


P1040775


デンソーのプラグがついていた。


P1040774


NGKのイリジウムマックス様。

別にメーカーが推奨してなければ、普通のグリーンプラグでもいいと思ってるんですが、ミラバンに使われているのって、ネットでも安く手500円半ばといったところ。

仮に安全パイで、グリーンプラグを二万キロで終了として、イリジウムを6万で交換って考えると、今回も含めて三回取り替える事になるわけで。

そうなると、安いところだと長寿命タイプのイリジウムでも1200円ちょっと。

6万まで三回取り替えたとしたら、イリジウムの値段超えますし、手間も考えると、あえてノーマルに拘る必要もないのかなと。




P1040777


で!光り輝くイリジューム様!

三本入れ替えて、エンジンオン!

時間にして15分も掛かったか掛からなかったか。

超簡単(*^・ェ・)ノ


嫁が仕事に行っており、お犬様のお守りをおおせつかってるので、実際に走りには行ってないのですが、アイドリングの感じでは、当たり前ですが、特に問題なし。


P1040778


取り外したプラグ様。

何か不具合があって取り替えているわけではないので。

取りあえず、車載工具の中に、不具合時の予備としてしまっておきました。

でも、一本だけグリーンプラグってのは、バランス的にはよくないのかね・・・。

ちょっと位走るなら問題ないのかな?

判らんけども。

















距離も2万キロに後一歩のミラバン。

前回の交換から4200キロ走ったんで、嫁が仕事から帰ってきて、あたりが暗くなりそうな場面でオイル交換強行。


オイル抜くのに寝そべっていたりすると、蚊の羽音がかなり煩かったけど、結局刺されなかったのかなぁ。

今回は、オイルエレメントも交換したのだけど、気が向いたときに、予防的な意味を含めて、エレメントにオイルを満たしてねじ込むんだけど、蚊が煩くてめんどくせぇ!と、そのまま組んだら、エンジン始動の時に、エンジンからカリカリカリカリカリカリカリ・・。

2秒か3秒で音は止んだけど、この行程、結構省いたりする事も多いのだが、こんな音なったの初めてだなぁ。

ホムセンで売っていた、エクセルとか言うメーカーの物だったんだけど、一応、適合見ながら買ってきたつもりだったけど、違うんかなぁ。。。

確かKFのエンジンもOKだったようだけど。

ま、この車でエレメント交換は始めてだからあれなんだけど、次回やる時はエレメントにオイルを入れてから組み込む事にするべし。

それでも、音が鳴ったら・・・・?

エレメントの適合があってなかったって事か・・・

修了後、久々に焼き鳥をして一杯。

SN3O1473

北海道では割とポピュラーな豚のネギマも焼いたけど、うまかったぁ!

焼きあがるまで待てなくて、ビール飲んだけど、食べる頃には酒が亡くなっていたと(笑)


この所、ちょっと飲みすぎなんで、休肝日作りまする・・・・。


このページのトップヘ